2022年『NHK紅白歌合戦』紅組で感動した出演者ランキング! 3位「ウタ」、2位「篠原涼子」、1位は?

All About編集部は1月1~2日、『第73回NHK紅白歌合戦』に関するアンケート調査を実施。全国10~70代の計500人から回答を得ました。今回はその中から、「紅組」で感動した出演者ランキングを紹介します!

アニメ映画『ONE PIECE FILM RED』の主題歌『新時代』(画像出典:プレスリリース

「LOVE&PEACE ~みんなでシェア!~」をテーマに放送された2022年末の『第73回NHK紅白歌合戦』。All About編集部は放送終了直後の1月1~2日、同番組に関するアンケート調査を実施し、全国10~70代の計500人から回答を得ました。今回はその中から、「紅組」で感動した出演者ランキングを紹介します!
 

>10位までの全ランキング結果を見る

 

3位:ウタ

3位には、後半のトップバッターかつ紅白史上初のアニメキャラクターとして注目を集めたウタ(CV:名塚佳織/歌唱:Ado)がランクイン。自身が登場するアニメ映画『ONE PIECE FILM RED』の主題歌『新時代』を歌唱しました。同楽曲はApple Musicで日本人として初めて世界チャート1位を記録したことでも話題に。
 

回答者からは「ワンピースの映画のことも思い出して、感動した」(30代男性/東京都)、「ワンピースが好きでとても好きな歌だから」(30代男性/山形県)のほか、CGでステージに浮かび上がった演出に「最新技術か詰まっており、映画の内容と相まって感動した」(30代女性/愛知県)、「アニメから飛び出たような感じがした」(40代女性/兵庫県)などの反響がありました。
 

2位:篠原涼子

2位は、28年ぶりの同番組出場で話題を呼んだ篠原涼子さん。披露した楽曲『恋(いと)しさと せつなさと 心強さと 2023』を手掛けた小室哲哉さんもサプライズ登場し、SNSでも大いに盛り上がりました。篠原さんといえば2022年末は人気ドラマ『silent』(フジテレビ系)でSnow Manの目黒蓮さん演じる佐倉想の母親役を演じたことでも記憶に新しいですが、紅白出場時にはドラマの役柄の印象とはガラッと変わり、その歌声や胸元が大胆に開いた美しいドレス姿に目を奪われたファンも多かったのでは。
 

コメントでは、「歳をとっても全く変わらない姿と歌声に感動しました」(30代男性/広島県)、「見惚れてしまう美しさの篠原涼子さん。歌唱力も当時のままの声量と高音で圧巻でした!録画で何度も見たいです!」(30代女性/大阪府)、「久しぶりの歌唱にも関わらず圧巻の存在感だった」(30代女性/神奈川県)といった絶賛の声が多数寄せられました。
 

また、小室さんとの共演に「昔に戻してくれるような心地いい時間だった」(30代女性/京都府)、「小室哲哉さんとのツーショットを見ることができて今しか見れない感覚を味わいました。とても素敵で輝いていて感動しました」(30代女性/埼玉県)などの回答も見られました。
 

1位:MISIA

1位は、特別企画「ディズニースペシャルメドレー」で東京ディズニーシーから『君の願いが世界を輝かす』、そしてトリで『希望のうた』を熱唱したMISIAさん。2023年の干支(えと)・ウサギをイメージしたパフォーマーとともに、ウサギの耳をモチーフにした大きな飾りを頭に付けて圧巻のパフォーマンスを披露しました。
 

回答では、「圧倒的な歌唱力で聞き入ってしまった」(50代男性/大阪府)、「大とりで歌ってほしいくらい感動した」(40代男性/長崎県)、「他の出演者と比べて圧倒的に歌唱力があった」(20代女性/愛知県)、「圧倒的な歌唱力が心に響き、とても感動しました」(30代女性/兵庫県)など、その圧倒的な歌唱力に感動したといった声が多数寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです


>10位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
『NHK紅白歌合戦』白組で感動した出演者ランキング! 3位「藤井風」、2位「福山雅治」、1位は?
『NHK紅白歌合戦』紅組で印象に残った出演者ランキング! 3位「工藤静香」、2位「ウタ」、1位は?
『NHK紅白歌合戦』特別枠で印象に残った出演者ランキング! 「氷川きよし」を抑えた1位は?
『NHK紅白歌合戦』で印象に残った“初出場”歌手ランキング! 「Aimer」「Vaundy」を抑えた1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も