おじさんLINE「むしろうれしい」と30歳女性が感じる理由。独特の文体やマメさはモテ要素になり得る?

話題の「おじさんLINE」。マメさ、独特の文体、絵文字の量など、何かとネガティブなイメージを持たれがちだが、受け取る側によっては意外な“モテ要素”も含んでいる。実際に、おじさんLINEに「癒されている」という30歳女性の話を聞いた。

ちまたで話題の「おじさんLINE」とは

 数年前から何かと話題の「おじさんLINE」。「おじさんLINE」とは、独特の絵文字やカタカナ使いが特徴で、若者から「おじさんっぽい」と思われるLINEのことを指す。この「おじさんLINE」に対し、SNS上には「不快だ」「気持ち悪い」といった否定的な声が多く上がっているが、中には「なんかかわいい」「むしろうれしい」という好意的な声も聞かれる。今回は「おじさんLINEうれしい派」の意見を深堀りした。
 

ブームからおさらいする「おじさんLINE」の特徴

「おじさんLINE」と呼ばれる文面にはいくつかの特徴がある。まずは、サンプル文例を元に、特徴をひもといていく。
 
※筆者作成のサンプル文例

 
特徴1:「!」「!?」を絵文字にして多用する
「おじさんLINE」と呼ばれるLINEの最大の特徴は、「!」「?」を多用すること。さらに、それを絵文字にして送ってしまうため、文章全体のテンションが高い。
 
特徴2:「お早う!」「有難う!」
「お早う」「有難う」「御免ね」など、決して使い方は間違ってはいないけれど、あまり使わない漢字を使うのも特徴。さらに【特徴1】の絵文字がプラスされることで、おじさん感がアップ。
 
特徴3:独特の絵文字
自動変換で出てくる絵文字をそのまま使用することも。さりげなく絵文字で下ネタをぶっこんでくるのもおじさんLINEの特徴だ。
 
※筆者作成のサンプル文例

 
特徴4:カタカナの多用
上記の「お早う!」の漢字に加え、「〇〇チャン」「~ダヨ」など、ひと昔前に流行したデコメールのようなカタカナ使いも。
 
特徴5:おじさん通信&自慢&1人ツッコミ
LINEが「おじさん通信」になることも。聞いてもいないのに、今日の天気や、状況を日記のように報告するのもおじさん構文だ。

さらに、「限定の」「予約の取れない」など、おじさんならではの財力アピールも欠かせない。中には送信後、自分のLINEに自分でツッコミをいれるという、1人ボケツッコミスタイルを確立するおじさんも。
 
以上、大きくおじさんLINEの特徴を紹介した。サンプル文面を見てみると「不気味だ」と感じる人も多いと思うが、中にはおじさんLINEを好意的に受け取る人も。詳しく話を聞いた。
 

「お天気おじさん」上司の天気報告に癒される30歳女性の本音

 「おじさんLINE、めっちゃ癒されます(笑)」
 
こう語るのは、ひろ子さん(仮名・30歳)だ。彼女は仕事のプロジェクトチームのLINEに送られてくる上司の「おじさんLINE」に、毎朝“癒される”のだという。
 
「毎朝、業務開始報告をするのですが、その際に、53歳の上司が『お早う!今日も頑張ろう』というザ・おじさんLINEとともに、『今日の天気』を教えてくれるんです。それが日課なので、天気予報を見なくても、その日の天気が分かって助かってます(笑)」
 
※ひろ子さんの取材を元に筆者が作成したサンプル文例

 
「たまに、『昨日は〇〇会社の〇〇さんと、予約がなかなか取れない丸の内の高級寿司屋で飲みました!』とか全く業務に関係ない報告もあるんですが、部下はみんなスルー(笑)。でも、上司はまったく気にしてないようでした」
 
そんなある日、突然、上司からの「お天気おじさんLINE」がぴたっと止まったのだという。
 
「お盆明けの2日間、突然上司が“今日の天気”をやめて、『今日も1日頑張りましょう』と、絵文字も何もない通常の業務開始のLINEを送ってきたんです。私を含めた部下たちは『〇〇さん、なにかあったのかな!?』と心配して。寂しさすら感じました。でも数日後、何事もなかったかのように復活して(笑)。良かった……」
 
このとき、ひろ子さんは、おじさんLINEならではの魅力を感じたのだという。
 
「みんなが業務的なテンションの低いやりとりをする中で、1人だけ朝からテンションが高く、『うっとおしいな』と感じるときもありますが……。やっぱりあの独特のテンションの高さや、マメさ、おじさんっぽさに、実は癒されている部分も多いんじゃないかって」
 
今では、憂鬱(ゆううつ)な月曜日の朝、上司の「おじさんLINE」が少し楽しみになっているという。
 

「おじさんLINE」は実はモテLINE!? 

ひろ子さんのように、おじさんLINEに好意的な印象を持つ女性は多い。SNS上の好意的な声のほとんどは「マメ」「優しい」といったものだ。
 
恋愛においては、「連絡頻度」「(主に男性の)文章がそっけない」など、LINEがきっかけでいろいろな問題が起こる。一方、おじさんLINEは「優しい」「温かみがある」「マメ」など、モテLINEになり得る要素を含んでいるともいえる。
 
上記に紹介したおじさんLINEに見られる5つの特徴が、主におじさんLINEをネガティブな印象にしてしまう要因ではあるが、その多くが、絵文字・不自然なカタカナ・漢字などの“使いまわし”の問題。これらは少しの心掛けで、修正可能だ。
 
ストレートに女性を誘ったり、自己アピールをしたり、気遣いを見せたり……。実は「おじさんLINE」は「モテLINE」に化ける可能性を秘めているのかもしれない。


※回答者のコメントは原文ママ


【おすすめ記事】
「絵文字たっぷりLINE」がおばさんっぽいと思われるのはなぜ? 本当の原因は“絵文字そのもの”ではなく…
一般人の「ご報告」投稿にモヤッとする人が続出。なぜSNSで自分の不幸を“ネタ”にしたがるのか
ぶっちぎりでキモいと評判?「おじさんLINE」頻出の語尾は「~かな?」
LINEの「送信取り消し」機能を乱用する人々の狙いは……送信者側の“気質”に共通点があった?
別れた恋人からLINEが100件! ストーカー行為の“線引き”を弁護士に聞いた
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは