「職場の既婚女性と仲良く遊んでいるうちに……」 202人に匿名で聞いた「2022年中に懺悔しておきたいこと」

2022年もあと数日。All About編集部にてアンケート調査を実施。全国10~60代の202人に「今年中に懺悔しておきたいこと」を聞きました。その中から、回答数が多かった懺悔を紹介します。

202人に匿名で聞いた「2022年中に懺悔しておきたいこと」の中から、多かった回答をご紹介(画像はイメージ)

2022年もあと数日。今年中に懺悔(ざんげ)したいこと、ありますか?


All About編集部でアンケート調査を実施。全国に住む10~60代の202人に「今年中に懺悔しておきたいこと」を聞きました。


今回はその中から、回答数が多かった懺悔をご紹介します!

 

その1「夫婦関係」

妻や夫など、自分のパートナーに懺悔したい人が多くなる結果に。


「犬のトイレ洗いを毎回夫にしてもらったのが済まなかったなぁと。来年は私もします!(30代・女性)」「主人がよく一人で山登りに行くので、その時に残った家族でいつもおいしいものを食べに行っています(50代・女性)」「転職して非正規から正規採用になったことを夫に隠しているwボーナスは秘密にしておこうと思いますw(40代・女性)」といった声が集まりました。


さらには「職場の既婚女性と仲良く遊んでいるうちに、ついに一線を超えて関係を持ってしまいました(30代・男性)」というシャレにならない懺悔も!


2023年は悔い改めましょう。バレたら懺悔じゃ済まないですよ……!

 

その2「ダイエット」

続いては、ダイエットに関する懺悔。


「お菓子を食べて体重が4kg増えてしまいました(40代・女性)」「産後のダイエットを頑張ると言っていましたが、たいして体重を落とすことが出来なかったです(40代・女性)」「ダイエットをしようと、決意した年始。マイナス10キロを目標に、取り組んできたが、誘惑に負け続けてしまった(30代・男性)」といったコメントが集まりました。


また「外出を自粛していた2年間で頑張って取り組んで少しずつダイエットし、落とした20キロがほぼリバウンドでお腹に帰ってきてしまった。コロナストレスと銘打って、出掛けた先でランチやスタバを飲食し、自粛制限が緩んだので飲み会に参加し、在宅勤務になったことにより仕事しながらおやつや昼ご飯を食べ続け、頭を動かしたからカロリーが欲しいと、我慢していたマックやラーメン屋を解禁して、自分を甘やかした結果だと、非常に反省している(30代・女性)」と、自粛明けにリバウンドしてしまったという声も。


コロナ禍とダイエットは、相性が悪いですよね。来年こそは……!

 

その3「お金」

そして、お金を浪費してしまったことを懺悔する人も多数。


「失業して得た僅かな退職金を、ギャンブルで使ってしまった(40代・男性)」「あまりにもストレスが溜まりすぎたことによりインターネット通販で中古ゲームと中古ゲーム機購入に10万円近くお金を使ったこと(30代・女性)」「ショッピングモールに行くたびに何度もガチャを回して、結局欲しかったものが出てこなかったけど諦めきれず、ついオークションでコンプリートセットを落札してしまいました(40代・女性)」といった声が集まりました。


さらには「投資信託で30万損してしまいました。夫には言えません(40代・女性)」「旦那の給料で自分へのご褒美といって12万円のコートをクレジットカードで買ったこと(30代・女性)」といった夫婦関係&お金や、「自分のことにはお金をかけてしまって、ごめんなさい。ダイエットに15万かけました(40代・女性)」といったお金&ダイエットの、ダブル懺悔も!


物価上昇で、ますます冷え込むお金事情。来年は慎ましく生きたいですね……!


あなたの懺悔したいことは何ですか? 今年の懺悔は、今年のうちに。2023年を良い年にするためにも、ぜひ振り返ってみてはいかがでしょうか。


※回答者コメントは原文ママです


【おすすめ記事】
「サウナ通いの夫」「YouTubeばかりの子ども」 202人に聞いた、2022年家族にイラっとしたこと
「子どもが生まれるんだって?」「いま人生どん底だね」202人に聞いた、2022年職場でイラっとしたこと
「荷物座らせ女性」「横入りおじさん」にイラッ! 202人に聞いた「電車・バス」で2022年にイラっとしたエピソード
2022年「今年の漢字」といえば? 3位「忙」、2位「転」、1位は……
医師が選ぶ「今年の漢字2022」 3位「乱」、2位「忍」、1位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化