ドラマ『silent』での“推しキャラ”ランキング! 目黒蓮が演じた「佐倉想」を抑えた第1位は?

All About編集部は、男女109人を対象にドラマ『silent』(フジテレビ系)に関するアンケートを実施(期間:12月15~22日)。今回は、印象的な役が多かった「『silent』で“推し”のキャラクターランキング」を紹介します。

画像出典:プレスリリース/撮影:鈴木寿教

12月22日に最終回を迎えたドラマ『silent』(フジテレビ系)。主人公たちの恋愛模様だけでなく、友情や家族など、さまざまな人間関係を繊細かつ丁寧に描いたヒューマンドラマでもありました。
 

All About編集部は、『silent』に関するアンケートを実施(期間:12月15~22日)。今回は、「『silent』で“推し”のキャラクターランキング」を紹介します。魅力的なキャラクターがたくさん登場した『silent』で、ファンが選んだ“推し”の役は誰だったのでしょうか?


>8位までのランキング結果を見る

 

第3位:青羽紬(川口春奈/20票)

第3位に選ばれたのは、青羽紬(川口春奈さん)でした。昔の恋人・想(目黒蓮)に、真っすぐな気持ちを表現し続ける、素直で優しいキャラクター。涙を流すシーンでの繊細な演技が話題を呼び、同調査の「ドラマ『silent』で演技がうまいと思った俳優ランキング」でも3位にランクインしています。
 

回答者からは「可愛くてキュンとするから(36歳男性/北海道)」「ピュアで一生懸命だから(35歳女性/愛知県)」「一生懸命さが伝わってくるので、好印象を受けます(53歳女性/宮城県)」「自由でサバサバしていて芯があって好き(20歳女性/東京都)」と、ピュアな性格がかわいらしいという声や、一生懸命な姿は芯があって尊敬できるなどの意見が寄せられました。
 

第2位:佐倉想(目黒蓮/32票)

僅差で2位にランクインしたのは、佐倉想(目黒蓮さん)でした。18歳のときに難聴になり、心を閉ざしていた想ですが、紬と再会したことをきっかけに、昔の友達との交流も再開していきます。本作では、紬と一緒にいるときに見せる想の笑顔にキュンキュンした視聴者も多かったのではないでしょうか。
 

回答者からは「ジャニーズと知らずに見ていましたが、高身長で雰囲気が良く応援したくなりました(40歳女性/埼玉県)」「顔がかっこいいからです(23歳女性/神奈川県)」など、雰囲気やビジュアルを絶賛する声が多数届きました。
 

また、「耳が聴こえないという障害を持ちながらも、ひたむきに頑張っている所が応援したくなります(46歳女性/長野県)」「優しくて精一杯生きていて、応援したくなるから(21歳女性/大阪府)」「手話をしているときのやわらかい印象が好きだから(34歳女性/東京都)」と、頑張っている姿を見て応援したくなったという人も多くいたようです。
 

第1位:戸川湊斗(鈴鹿央士/33票)

第1位に選ばれたのは戸川湊斗(鈴鹿央士さん)でした! 紬や想をはじめ、周りの人に対してとにかく優しく、柔らかい雰囲気が印象的なキャラクター。くしゃっとした、かわいい笑顔も愛される理由のようです。W主演の2人を抑えて第1位にランクインした“湊斗推し”の視聴者に理由を聞きました。
 

「とにかく優しさの塊だから。幸せになってほしい(20歳女性/東京都)」「周りをよく見て尊重しすぎるところに自分の推す以外の感情がみつかりません(26歳女性/愛知県)」「湊斗君は穏やかで、包容力がすごくあって、細やかな気遣いができてかっこいいから(25歳女性/兵庫県)」など、優しくて包容力のある性格に支持が集まっています。
 

また、「虫を外に出してあげるだけでなく飛ぶまで待っていたり、とても友達思いで、突き放した想のことも恨んだりせず、紬と会っていたことを怒るのではなく、一人で辛い病気を抱えていたことに怒る湊斗はなんて優しくて心の綺麗な人なんだろうと感じたためです(25歳女性/福岡県)」と、心がきれいなところにハートをつかまれたという人もいました。


>8位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
ドラマ『silent』で演技がうまいと思った俳優ランキング! 主演の「川口春奈」を抑えたTOP2は?
ドラマ『silent』で“恋人にしたい”男性ランキング! 1位に選ばれたのは「湊斗」と「想」どっち?
ドラマ『silent』で恋人にしたい女性ランキング! 川口春奈が演じた「青羽紬」に続く2位は?
ドラマ『silent』、目黒蓮&鈴鹿央士のサッカー部ツーショット披露! 「このペア最高」「2人ともカッコいい!」

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望