ドラマ『silent』で演技がうまいと思った俳優ランキング! 主演の「川口春奈」を抑えたTOP2は?

All About編集部は、男女109人を対象にドラマ『silent』(フジテレビ系)に関するアンケートを実施(期間:12月15~22日)。今回は、印象的な役が多かった「『silent』で演技がうまいと思った俳優ランキング」を紹介します。※画像出典:プレスリリース (c)フジテレビ

画像出典:プレスリリース (c)フジテレビ


話題のドラマ『silent』(フジテレビ系)。ドラマ放送後、TwitterやYouTubeを通してファンによる伏線回収についての“考察”が行われるなど、大きな盛り上がりを見せました。12月22日には最終回の第11話が放送され、“silentロス”を訴える人も相次いでいます。
 

All About編集部は、『silent』に関するアンケートを実施(期間:12月15~22日)。その結果から、「『silent』で演技がうまいと思った俳優ランキング」を紹介します。主演以外にも印象に残るキャラクターが多かった本作で、誰が1位に選ばれたのでしょうか?


>9位までの全ランキング結果を見る

 

第3位:川口春奈(青羽紬/34票)

第3位にランクインしたのは、主演を務める川口春奈(青羽紬役)さんでした。真っすぐな性格で、周りの人から愛されるキャラクターを演じた川口さん。本作では涙を流すシーンが多くありましたが、どの場面でも視聴者の涙を誘う繊細な演技が話題になりました。
 

回答者からは「喋りながら慣れない手話と演技するのはすごいと思う(38歳女性/千葉県)」「流す涙が絶妙なタイミングで自然だから(35歳女性/愛知県)」「何度も泣くシーンがあるけどどれも見入ってしまいます(33歳女性/熊本県)」「演技を見てるいると自然に引き込まれるからです(28歳女性/神奈川県)」など、涙を流すシーンでの高い演技力を評価する声が多く集まっています。
 

第2位:夏帆(桃野奈々/52票)

第2位に選ばれたのは、夏帆(桃野奈々役)さんでした。生まれつき耳が聞こえない女性を表情豊かに熱演。流ちょうに手話で話す様子が印象的でした。かわいらしい笑顔を浮かべる姿から、暗い影を感じさせる過去のシーン、想(目黒蓮さん)との関係に悩んでいる様子まで、見事に演じ分けていました。
 

回答者からは「手話が本当に生まれつき耳が聞こえずに長年言葉の代わりとしてやってきたのだな、と感じるほど上手に感じた為(32歳女性/東京都)」「なんと言っても夏帆さんの演技には、本当に引き込まれました。手話も、パッと輝くような笑顔も、辛そうな表情も、全部が一級品です(40歳女性/東京都)」「手話で感情を伝える演技力の高さに驚かされました(39歳女性/香川県)」と、やはり“手話”と表情のみでの演技を称賛する意見が多いようです。
 

第1位:目黒蓮(佐倉想/55票)

1位は、目黒蓮(佐倉想役)さんでした。高校卒業後からだんだんと耳が聞こえなくなっていくという難しい役どころを演じ、多くの支持を集めました。さまざまな感情を丁寧かつ繊細に表現していた印象ですが、どのような理由で第1位に選ばれたのでしょうか。
 

回答者からは「悲しい目をしているのが演技で伝わってくるのがすごい(28歳女性/大阪府)」「切ない表情が上手い(31歳女性/大阪府)」「セリフがとても少ない中で、細やかな表情で感情を伝えてくれるから(50歳女性/熊本県)」など、切ないシーンでの表情が評価されています。
 

また、「初めて演技を観ましたが、初回から圧倒的な表現力に驚きましたし、その姿に引き込まれ大号泣してしましました(52歳・回答なし/大阪府)」「本当に耳が聞こえないかのように感じるため(29歳女性/宮崎県)」「泣き方や表情がとても切実でドラマとは思えないから(21歳女性/大阪府)」と、あまりの演技力の高さに感情移入してしまう視聴者が続出していたようです。


>9位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
ドラマ『silent』の“推しキャラ”ランキング! 目黒蓮が演じた「佐倉想」を抑えた第1位は?
ドラマ『silent』で“恋人にしたい”男性ランキング! 1位に選ばれたのは「湊斗」と「想」どっち?
ドラマ『silent』で恋人にしたい女性ランキング! 川口春奈が演じた「青羽紬」に続く2位は?
川口春奈、『silent』オフショット集を公開! 「たくさんの幸せをありがとう」「最高なドラマだったよ」

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化