ムツゴロウさん、念願の超大型犬“セント・バーナード”とスイスで出会う。「でっかい犬もすぐにともだち」

多くの動物たちとのふれあいを見せてくれるムツゴロウさんこと畑正憲さんのYouTubeチャンネル「ムツゴロウの656」が運営する公式Instagramが12月20日、投稿を更新。超大型犬のセント・バーナードと戯れるムツゴロウさんの姿を公開しました。

多くの動物たちとのふれあいを見せてくれるムツゴロウさんこと畑正憲さんのYouTubeチャンネル「ムツゴロウの656」が運営する公式Instagramが12月20日、投稿を更新。超大型犬のセント・バーナード(以下、セント)と戯れるムツゴロウさんの姿を公開しました。
 

「子どもの頃の憧れの犬」


同アカウントは投稿で、「スイスを訪ねたムツさん、念願のセントバーナードたちに出会います。地元のセントバーナード協会会長さんから、昔はこうやって車を牽いていたんだよ、と貴重な写真を見せてもらいました でっかい犬もすぐにともだちです」とつづり、3枚の写真を披露しました。
 

1~2枚目は、セントたちと大自然の中で戯れるムツゴロウさんの姿です。目をハの字にしてあふれんばかりの喜びが伝わってきますね。3枚目はセント2頭が馬車のように人を乗せた車をひく様子が納められた写真です。
 

セントの原産国はスイスで、ジャパン ケネル クラブの公式サイトによると伴侶犬、護衛犬、ファーム・ドッグとして活躍しており、特に雪や霧で遭難した旅人を捜索するために用いられるなど救助犬としても有名。雄は体高が70~90センチ、雌でも65~80センチもあり、中にはこの規定より体高のある個体もいる超大型犬です。
 

ファンからは「子どもの頃の憧れの犬」「ムツゴロウさんは、すぐに友達になっちゃいますね」「笑顔が最高」と、コメントが寄せられています。
 


>次ページ:ムツゴロウさんと犬とのふれあいをもっと見る!
 


【おすすめ記事】
ムツゴロウさん、約12年寄り添った愛犬との別れを告白「いつでもかわいかったルナ、ありがとう。忘れません」
ムツゴロウさん、身長越えるほどの超大型犬と笑顔で鼻キス「熊かと思いました」「ウルフハウンド素敵すぎ」
ムツゴロウさん、美しすぎるオオカミイヌとの癒しショットに「カッコよくて、感激」「アナバス懐かしい!」の声
「僕らの天使」西川貴教、突然すぎる愛犬“あむ”との別れを報告。「ずっとずっとずっと愛してるよ」

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」