香港発のマンゴースイーツ「楊枝甘露(ヨンジーガムロ)」がドリンクに! 台湾でも大人気の味を体験レポ

香港生まれのデザート「楊枝甘露(ヨンジーガムロ)」が、ボトルドリンクになって登場! 12月15日より、フルッタフルッタのオンラインショップやAmazon、コストコで販売されています。多彩なアレンジも可能で、台湾でも人気沸騰中! フレッシュなおいしさが堪能できます!

香港生まれのデザート「楊枝甘露(ヨンジーガムロ)」が、ボトルドリンクになって登場! 自在にアレンジができることから台湾でも人気沸騰中のこのドリンクが日本でも発売されました。マンゴードリンクはさまざまなメーカーから発売されていますが、こちらは製法からこだわったひと味違うものなのだとか。試食会に行ってきましたので、詳しくレポートします!
 

香港のレストランで誕生したデザートをドリンクに!

画像提供:フルッタフルッタ

「楊枝甘露(ヨンジーガムロ)」は、マンゴーやグレープフルーツ、パイナップルなどのフルーツに、タピオカ入りのココナツミルクやマンゴーソースなどをかけて食べるスイーツのこと。
 

聞き慣れない名前ですが、もともとは1980年代に、香港のレストラン「利苑酒家」で食後のデザートとして出されたのが始まりです。
 
「楊枝」は柳の枝、「甘露」は美しくしたたる水、というような意味。観音様が昔、楊柳の枝でまいた恵みの水にちなみ、「夏の暑さを和らげ、人々に喜びや幸せをもたらせてくれる」と名付けられたそう。今では香港で広く親しまれている王道のスイーツです。
 
「楊枝甘露(1本1020g)」2本セット税込3000円(コストコはオープン価格)


そして12月15日より、フルーツの輸入や加工・販売を手掛ける「フルッタフルッタ」が、楊枝甘露をアレンジしたボトルタイプのドリンクを日本で発売。同社のECサイトほか、Amazonやコストコなどで販売をスタートさせました。
 
コストコでは11月25日よりすでに発売がスタートしており、売れ行きも順調なのだとか。早速試飲してみます!
 

加熱せず高圧で加工。フレッシュ感抜群のマンゴードリンク

香料や濃縮還元果汁などは一切不使用

こちらがカップに移した「楊枝甘露」の中身。フレッシュさのあるトロピカルな香りが印象的で、さっぱりとした甘さです。マンゴーだけでなくパッションフルーツやココナツミルク、グレープフルーツなども入っており、濃厚でもスッキリとした飲み心地。
 
ドリンクの中にたっぷり入っている小さな粒々は、タピオカでんぷんやこんにゃく粉で作られたオリジナルの「タピオカボール」。おなじみの黒くて大きなタピオカではなく、乳白色で米粒程度のサイズです。プチプチとした食感がアクセントになっており、カップの底にも喉にも残らず、きれいに飲み干せます。
 
1本1kg超えなのでずっしりとした重さ!


今回発売された楊枝甘露は、加熱の代わりに超高圧で処理する食品製造の先進技術「HPP製法」が使われています。素材本来の鮮度や栄養を保ちながら加工できるため、みずみずしい果実感をそのままドリンクにすることができているそう。
 
この「HPP製法」の生産技術を持っているのは台湾企業のKFS社のみ。日本の生産メーカーでは対応していないんです。フルッタフルッタは2017年よりこのKFS社とパートナーシップを結んでおり、日本発売を実現させました。


>次のページ:おすすめのアレンジ方法を紹介! “あのアイス”と合わせると絶品!?
 

【おすすめ記事】
【実食レポ】恵比寿にオープンした「世界のパン『パダリア』」に突撃! おいしい個性派パンが勢ぞろい
【スタバ】寒い日に染みる濃厚な甘さ! 新作フラペ「バターキャラメル ミルフィーユ」を飲んでみた
108円で買える「こだわりの生ロール」の実力は!? ローソン「プレミアムロールケーキ」と比較してみた!
ミスドの「ポケモン ドーナツ」に「プリン」が仲間入り! 気になる味は?
ハーゲンダッツを使って、高見えデザートを作ろう! 「簡単」「節約」もキーワードに!
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望