【実食レポ】恵比寿にオープンした「世界のパン『パダリア』」に突撃! おいしい個性派パンが勢ぞろい

1日を通して世界各地の伝統的な朝ごはんを提供する「ワールド・ブレックファスト・オールデイ(以下WBA)」の姉妹店で、これまでWBAが紹介してきた世界の朝ごはんのパンを中心に、各国の食卓に並ぶパンの数々を販売。現地のジャムや紅茶ほか、週替わりの世界のスープも楽しめます!

(画像提供:パダリア)

11月28日、恵比寿に世界のパン「パダリア」がオープンしました! 1日を通して世界各地の伝統的な朝ごはんを提供する「ワールド・ブレックファスト・オールデイ(以下WBA)」の姉妹店で、これまでWBAが紹介してきた世界の朝ごはんのパンを中心に、各国の食卓に並ぶパンの数々を販売。現地のジャムや紅茶ほか、週替わりの世界のスープも楽しめます。オープン当日にうかがってきたので、詳しくレポートします!

 

世界各国のパンが常時15種類!

恵比寿駅から代官山方面へ徒歩5分ほど。すぐそばには恵比寿公園もあります(画像提供:パダリア)

12月5日までは10時オープンとのことでしたが、9時半頃に訪れてみるとすでに開業されていました。お待ちのお客さんがいらしたとのことで、少し早めにオープンされていたようです。
 

コンパクトな店内。テイクアウトメインですが入口前にベンチがあります。
 

パティスリーのようにガラスのショーケースに並んでおり、スタッフさんにオーダーして取ってもらう対面販売です。
 

パンのラインナップはおよそ15種類。ドイツの「ブレーツェル」やスウェーデンの「シナモンロール」など、日本でもおなじみになったパンもありますが、ほとんどは初めて見るパンばかりです。
 


パンの隣は冷蔵のショーケース。各国のチーズにドリンク、パンにおすすめのトッピングやティラミスなどのスイーツも購入できます。

 

ブラジルのパン屋「パダリア」をモチーフに 


店名の「パダリア」とは、ポルトガル語で“パン屋”の意味。WBAやパダリアを運営する(株)ステープル代表の木村顕さんによると、ブラジルでは日本のようにコンビニがなく、代わりにパダリアと呼ばれる町のパン屋さんがいたるところにあるのだとか。
 
ここ、恵比寿の「パダリア」にも各国の紅茶やはちみつ、缶詰などが並びます

そのパダリアでは焼きたてのパンのほか、ハムやチーズなどが売られており、町の人たちはそれらを買って、翌朝サンドイッチにするのが一般的。お菓子や雑貨などの扱いもあり、人々の暮らしになじんでいるそう。
 

お店ではコーヒーや紅茶などのほか、「いつ立ち寄っても楽しんでもらえるように」と週替わりのスープも用意されています。オープン週はウクライナの「ボルシチ」でした。
 
スタッフさんによると「今の時季はホッと温まるようなものを、暑い時季は冷たくてさっぱりするようなものを用意する予定です」とのこと。
 
ドリンクメニュー


パンがどれもおいしそうで迷ったのですが、今回は特に気になった4種類を購入してきました。



>次のページ:気になる“世界のパン”4種類を実食レポート!


【おすすめ記事】
【ジブリ飯】憧れの「ラピュタパン」再現! とろっとした目玉焼きはどう作る? 市販&手作りパンで食べ比べ
サンマルクカフェ、2023年の福袋5種を発売! 国産ジーンズメーカー「JOHNBULL」とのコラボも
【スタバ】寒い日に染みる濃厚な甘さ! 新作フラペ「バターキャラメル ミルフィーユ」を飲んでみた
コメダ、「ブラックサンダー」とコラボした「シロノワール ブラックサンダー」を発売! 11月22日から期間限定
「ミスド福袋2023」は12月26日発売! 気になる中身や値段は? どうやって買える?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在