日本で働く外国籍エンジニアの年収中央値「950万円」、1000万円以上の割合は?

TokyoDevは、さまざまな国籍の日本在住エンジニアを対象に、給与面などに関する調査を行いました。年収の中央値は950万円で、使用しているプログラミング言語はJavaScriptがトップ。働き方については、「出勤必須」がわずか4%でした。

TokyoDevは、英語を話すさまざまな国籍の日本在住エンジニア588人を対象に、給与や技術面などに関するアンケートを実施しました。回答者の国籍は、ヨーロッパ(38%)、北アメリカ(27%)、日本を含むアジア(24%)、オセアニア(7%)、南アメリカ(3%)、アフリカ(2%)となっています。調査期間は、10月13日〜11月6日です。
 

日本在住エンジニアの年収中央値は「950万円」

年収(全体)
日本在住エンジニアの年収中央値は「950万円」でした。なお、外資系企業で働くエンジニアの年収中央値は、日本企業の約2倍となっています。また、経験年数に関係なく、女性エンジニアの給与と満足度は男性エンジニアよりも低い傾向が見られました。

ボリュームゾーンは「600~790万円」で23%、また1000万円以上の割合は43%でした。
 

使用しているプログラミング言語は「JavaScript」が最多

使用しているプログラミング言語
使用しているプログラミング言語は、「JavaScript」(47%)が最多でした。次いで、「Python」(39%)、「HTML/CSS」(34%)と続きます。

フレームワークでは、「React.js」(57%)がトップでした。2022年の使用率(48%)から上昇しています。続いて「Ruby on Rails」(22%)、「Vue.js」(18%)となりました。
 

働き方「出勤必須」はわずか4%

リモートワーク状況(上から、フルリモート・自由・ハイブリッド・出勤必須)
働き方については、「自由」(55%)が最多でした。次いで「ハイブリッド」(26%)、「フルリモート」(15%)と続いています。リモートワークが定着しつつあり、「出勤必須」はわずか4%となりました。


【おすすめ記事】
2022年「冬ボーナス」平均額は「69.8万円」、中央値は?
働く女性「冬ボーナス」平均は約38万円、約6割は変化なし
課長1000人に聞いた、平均貯蓄額は「1550万円」 平均年収は?
海外で低賃金労働者になってしまう日本人、「安いニッポン」の本当の怖さとは
知人や友人の「うらやましい勤務先」 民間1位はトヨタ自動車。全体1位は?

【関連リンク】
プレスリリース
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた