働く女性「冬ボーナス」平均は約38万円、約6割は変化なし

auじぶん銀行は、全国の働く女性500人に聞いた「お金への意識とボーナス・投資」に関する調査結果を発表しました。

冬のボーナス、働く女性の平均金額は約38万円(画像はイメージ)

auじぶん銀行は、全国の働く女性500人に聞いた「お金への意識とボーナス・投資」に関する調査結果を発表。冬ボーナスの平均額は2021年より3万円アップした約38万円で、使いみちは「消費」より「貯蓄」派が多いことが分かりました。調査は11月9~10日、インターネット上で実施。
 

>冬ボーナス「貯蓄」以外の主な使いみち、10位までの全ランキング結果を見る

 

冬のボーナス、約6割は変化なし

2022年の冬ボーナスについては、「例年ボーナスがない」人を除き「変わらない・変わらない予定」(60.3%)が最多に。一方「減った・減る予定」(11.2%)、「今年はない」(7.4%)と回答した人は合わせて18.6%でした。

2022年の冬ボーナスについて

実際にもらった(もらう予定がある)金額の平均額は38万5315円で、2021年の35万1150円と比較して約3万円アップしていました。
 

ボーナスは「貯蓄」派が約7割

冬ボーナスの主な使いみちは、「貯蓄」(66.3%)が最も多く、次いで「消費」(19.4%)、「投資」(9.4%)と続きました。

冬ボーナスの主な使いみち

ボーナスを「消費」する場合の具体的な使いみちについては、1位「旅行」(38.6%)、2位「外食」(33.5%)となり、同社では「新型コロナによる行動規制が解除され、この数年できなかった旅行や外食への意向が高まっている」と分析しています。
 

>冬ボーナス「貯蓄」以外の主な使いみち、10位までの全ランキング結果を見る
 

1年で増やせた金融資産の平均額は46万9591円

「貯蓄」意欲が高い傾向にありますが、実際はどのくらい貯めているのでしょうか。2022年の1年間で増やせた金融資産額を聞いたところ、平均は46万9591円でした。2023年1年間で増やしたい金融資産額の目標は、4割以上が「100万円以上」(44.6%)と回答。次いで、「50万円以上100万円未満」(19.0%)が約2割でした。

2023年1年間で増やしたい金融資産額の目標

2021年の調査では、「100万円以上」(32.0%)、「10万円未満」(24.2%)の結果となっていたことから、前年より高い額を目標にしている人が多いようです。



【おすすめ記事】
2022年の「冬ボーナス」平均はいくら? 民間や上場企業の平均、業種別の予想を調べてみた
2022年「冬ボーナス」平均額は「69.8万円」、中央値は?
冬のボーナス、東京都の民間企業平均は78万256円。最も多い業種は?
5年前(2017年)の「冬ボーナス」平均はいくらだった? 民間や上場企業の平均、業種別の傾向を振り返ってみた


【関連リンク】
プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望