冬のボーナス、東京都の民間企業平均は78万256円。最も多い業種は?

東京都の調査「2022年 年末一時金要求・妥結状況について(中間集計)」によると、すでに妥結した労働組合のうち前年妥結額と比較可能な236組合の平均妥結額は78万256円、対前年比で見ると1.11ポイント増となりました。

東京都は、都内の1000労働組合を対象とした年末一時金要求・妥結状況を調査し、2022年11月10日現在時点の中間集計結果を公開しました。


調査によると、すでに妥結した労働組合のうち、前年妥結額と比較可能な236組合の平均妥結額は、平均賃金32万5296円の2.40カ月分に相当する「78万256円」でした。対前年比で見ると、1.11ポイント増となっています。

 

マイナスが続いていた対前年比増減率は、増加傾向に

過去10年間(2013〜2022年)の要求・妥結結果を比較した表を見ると、2018年から続いていたマイナス〜横ばい傾向は回復し、増加傾向に転じていることが明らかに。月数も2021年の2.35カ月から2.40カ月まで回復しています。

 

過去10年間の要求・妥結結果
過去10年間の要求・妥結結果

 

2022年(11月10日現在)の平均要求額は83万8722円となっており、前年の82万6200円から2.92ポイント増でした。

 

業種別トップは「教育・学習支援」の170万2965円

産業別・業種別の平均妥結金額(分析対象5組合以上)を見ると、最も多かったのは「教育・学習支援」の170万2965円(3.59カ月分)、次いで「食料品・たばこ」の92万5143円(2.81カ月分)、「情報制作(出版等)」の89万6248円(2.33カ月分)でした。

 

業種別妥結状況一覧
業種別妥結状況一覧

 

対前年比増減率(全ての産業)を比較すると、「非鉄金属」が32.15ポイント増、次いで「繊維・衣服」が30.97ポイント増、「生活関連サービス・娯楽業」が25.00ポイント増、「輸送用機械器具」が11.47ポイント増、「通信・放送」が11.11ポイント増などとなっています。


減少率が大きかった産業としては、「木材・家具装備品」の11.11ポイント減、「情報通信機械器具製造業」の9.37ポイント減でした。


【おすすめ記事】
東京都の2022年民間企業「夏ボーナス」 平均妥結額は77万6077円、業種別トップは?
2022年 公務員の「夏ボーナス」平均予想額は58万4900円、民間の会社員は?
冬のボーナス、東京都の民間企業平均は約77万円。最も多い業種は?
女性が「後悔したボーナスの使い道」ランキング! 3位「美容/エステ/脱毛」、2位「ブランド品」、1位は?
男性の「ボーナスで無駄使いだったと思うもの」ランキング! 2位「飲食代」に2倍の差をつけた1位は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も