加藤紗里、32歳のJK風制服ギャルショット披露! 「全然現役でいけますよ」「ヤバッ可愛いすぎる」と称賛の声

タレントの加藤紗里さんは12月6日、自身のInstagramを更新。32歳の制服ギャルショットを公開しました。コメントでは「制服も全然いけます」と、称賛の声が多数上がっています。

タレントの加藤紗里さんは12月6日、自身のInstagramを更新。32歳の制服ギャルショットを公開しました。
 

「現役に負けてない可愛さ」


加藤さんは「ついに紗里、、、 #制服ギャル #32の制服はさすがにアウトw」とつづり、自身の写真2枚を公開しました。ツインテールに制服を着用した女子高生風スタイルです。まさに平成のギャルといった印象を受けますね。とても様になっています。

コメントでは「平成のJKって感じです」「制服も全然いけます」「めっちゃ似合ってる」「全然現役でいけますよ」「違和感ないです!!」「ヤバッ可愛いすぎる」と、称賛の声が多数上がりました。

派手な衣装姿を披露することの多い加藤さんですが、コスプレ姿は意外とレア。これを機にいろいろなコスプレ姿も見てみたいですね。期待しています!


>次ページ:加藤紗里さんの美しい姿をもっと見る


【おすすめ記事】

加藤紗里、本職のモデルショット披露に反響の声! 「色気隠せてないよw」「モデルとしても完璧です」
「ギャルサイコー」加藤紗里、32歳とは思えないギャルショットを公開! 「いくになっても若い!」
井手上漠、金髪のハイトーンギャルに変身ショット公開! 「お美しいです」「良い意味でイメージ変わった」
日向坂46・齊藤京子、透明感あふれる制服風ミニスカショットに「まだまだイケる」「かわいすぎる」とファン大絶賛

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」