池江璃花子、闘病当時の写真を公開し、退院から3年を報告。「みんないつもありがとう」とファンへ感謝

競泳の池江璃花子さんは、12月5日に自身のTwitterを更新。急性リンパ性白血病から回復し、退院してから3年たったことを報告しました。闘病当時の写真も公開し、ファンへの感謝をつづっています。

競泳の池江璃花子さんは、12月5日に自身のTwitterを更新。闘病当時の写真を公開し、話題になっています。
 

「応援してます!」


池江さんは「退院して今日で3年。 いいことも辛いこともあったし、むしろ辛いことの方が多いくらいかな。 完全寛解まであと2年 みんないつもありがとう」とつづり、1枚の写真を投稿。急性リンパ性白血病から回復し、退院してから3年たったことを報告ました。“退院おめでとう”というプレートが乗ったケーキを手に笑顔を浮かべる池江さんが写っています。
 

がんによる症状や検査での異常が見られなくなり、正常な機能が回復した状態のことを指す“完全寛解”まであと2年であることを明かしました。この投稿に「池江さんの闘病する姿やトップ選手として大舞台で活躍している姿に、 たくさんの感動と勇気を頂いています」「璃花子さんはほんとに努力家です!」など、多くのメッセージが届いています。
 

池江さんは2019年2月に体調を崩し、急性リンパ性白血病と診断されました。およそ10カ月の入院で治療に専念し、同年12月に退院。そこから、わずか1年半で東京オリンピックの代表に内定し、医師も驚く回復力を見せました。多くの人が池江さんの活躍に勇気づけられてきました。無事に完全寛解できることを祈りましょう!


>次のページ:池江璃花子さんのほかの投稿も見る


【おすすめ記事】
池江璃花子、ショートボブに「バッサリ」イメチェン! 抗がん剤治療後の大仏ヘアも公開「くるくるパーマも可愛い」
池江璃花子、見事な“逆三角形”の背中ショットを披露! 「見事なバディ」「やっぱり水の女王」
「いや~~~んめっちゃ寒そう」池江璃花子が水着姿のまま雪上ダイブでファンからコメント殺到
「足のサイズ19cm」田中理恵、衝撃の告白! 「甥っ子2年生、姪っ子一年生にはもう抜かれました」

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」