晒し系配信者・ポケカメン、胆のう炎で緊急入院。搬送時の動画公開に「生きててくれてありがとう」の声

晒し系配信者・ポケカメンさんが12月3日、胆のう炎で救急搬送された様子を自身のYouTubeチャンネルで公開しました。ファンからは「退院出来てよかった」「まじで生きてて良かった」と温かい声が相次いで寄せられています。

晒し系配信者・ポケカメンさんが12月3日、救急搬送された際の一部始終を収録した動画を自身のYouTubeチャンネルで公開。胆のう炎を発症し、胆のうの摘出手術をしたことを公表しました。
 

「自分の体調を第一に考えて」

画像出典:ポケカメン
 

実は入院するのが3度目と明かすポケカメンさん。1度目は1年前で同じ病気で倒れ、2度目が11月13日にストレス性胃腸炎で入院。そして11月27日に所属する歌い手グループ「ちょこらび」の事務所にいた際、猛烈な腹痛に襲われ、けいれん症状まで出たとのこと。
 

画像出典:ポケカメン


病院で検査を受けた結果、「とんでもない胆石が転がっている 取らないとやばいですよ」と医者から言われ、そのまま手術をしたと経緯を説明しました。また、事務所で倒れたときの様子を事務所の社長が動画に納めており、その様子も公開されています。ポケカメンさんは「過激な内容なので見たくない人はブラウザバック、もしくはスキップ」を推奨するほど、かなりショックな内容です。
 

画像出典:ポケカメン


動画では体を前後に揺らしながら、ひゅうひゅうと息苦しそうに体を丸めて横たわる姿や、救急隊到着から病院へ搬送されるまでの一部始終が公開されています。そして、摘出された胆石も披露。胆石が起因して発症する胆のう炎は、最悪のケースだと多臓器不全で死に至るケースもあると話し、「メンバーがいなかったら、社長がいなかったら 俺どうなってたんだ」と改めて当時を振り返って、「鳥肌が立つ」とコメントしています。
 

ファンからは「辛そうなポケくんみて心めっちゃ痛かった」「自分の体調を第一に考えて」「ほんとメンバーいて良かった」など、倒れたときにメンバーや社長がいてくれたおかげで不幸中の幸いとなったと安堵(あんど)する声が相次いでいます。また、「生きててくれてありがとう」「絶対病院は行ってね!」と体調を気遣う声のほか、1度目の胆石治療を途中で放棄してしまったポケカメンさんに注意を促す声も寄せられました。
 


 

>次ページ:ポケカメンさんの投稿をもっと見る!
 


【おすすめ記事】
ポケカメン、全身麻酔を伴う手術を無事終えたと“ウインク自撮り”ショットで報告「あんまり携帯いじんないで安静にしてね」
晒し系配信者ポケカメン、毒親の“借金問題”について赤裸々告白「本気で同じような境遇の人に届けたい」
晒し系配信者ポケカメンが歌い手グループ「いれいす」リーダー・ないこらを暴露。動画編集者らが怒りの声を上げた約4時間半の長尺配信
歌い手・鬱くん、「ころんくんキャバクラ奢ってくれて」発言に波紋広がる「トレンド載ってるけど大丈夫か…?」

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは