Twitterの「シャドウバン」とは? 原因や解除方法を分かりやすく解説

Twitterの一連の買収劇を受けて、Twitter Japanの公式アカウントが「シャドウバン」されたのでは、という声が出ています。シャドウバンとは何なのか、その原因や解除方法について解説します。

Twitterの「シャドウバン」とは?

イーロン・マスク氏によるTwitter社の買収が完了した2022年10月末頃、ネット上ではTwitter Japanの公式アカウントが「シャドウバン」と呼ばれるペナルティを受けているのではと話題になりました。
 

シャドウバンとは、ソーシャルメディアの運営側が悪質なユーザーのアカウントの投稿をタイムラインなどに表示させないように設定し、アカウント凍結(バン)に近い状態にする措置のことです。シャドウバンをする運営側であるTwitter Japanがシャドウバンをされるとはどういうことでしょうか。
 

Twitter Japanは本当にシャドウバンされた?

Twitter社を買収したイーロン・マスク氏は、Twitterでこれまで運営側による情報操作や検閲に近いものが行われていたとし、今後Twitterを真に自由な言論の場にしたいと考えています。そのため、シャドウバンを行っていたとされるTwitter Japanへの制裁を行った可能性があります。
 

マスク氏による一連のTwitter社買収の流れについては別記事「Twitterは再上場の可能性もある? イーロン・マスク氏による買収で何が変わるのか、現時点で分かっていること」および「『Twitter有料化』でサブスクモデルも? イーロン・マスクはツイッターをどう変えるのか」をご覧ください。
 

そもそも運営側が悪質なユーザーや投稿をSNSから排除すること自体は運営上必要なことと言えます。しかし、その基準があいまいであったり、運営側の主観に基づいたものになると、運営側が情報操作を行っていると見なされます。そしてシャドウバンは気付かれにくい形でそうした操作を行うことができるため、批判の対象となります。
 

Twitter社はシャドウバンを否定

Twitter社は「シャドウバンを過去に行ったことはない」と発信し、以下のように記載しています。
 

●Twitterではシャドウバンを行っていますか?
率直に申し上げると、Twitterではシャドウバンを行っておらず、過去に行ったこともありません。ただしTwitterでは、利用者の皆様がより快適に利用できる環境を構築するため、ツイートのランク付けを行っているため、あなたがフォローしているアカウントのツイートは常に表示されます。


シャドウバンをTwitter Japanが行っていた確たる証拠はありません。しかし、今回の買収以降、規制対象となっていたであろう過去のツイートが続々と検索結果に表示されるようになったという事例が発生しています。
 

事例を挙げると、以前から「ツイートの絵の肌色率が高いとセンシティブに判断されてバンされるのではないか?」との見解が広がっていました。そうした過去にバンされた可能性があるツイートが続々と規制解除され、検索結果に表示されるようになったという声が広まっており、これこそがTwitter Japanがシャドウバンを行っていた証拠ではないかと見なされています。
 

シャドウバンされるとどうなる?

シャドウバンには以下の4種類があり、検索結果に表示されなくなったり、ツイートした人以外には表示されなくなるなどの制限が行われます。
 

・Search Suggestion Ban
最も程度の軽いシャドウバンです。Twitterでは検索結果において表示する順番に優先順位を付けています。シャドウバンになっているときは、検索表示の優先順位が下げられます。また、ツイートが不適切(センシティブ)コンテンツの扱いを受けます。そのため、「センシティブな内容を含むものを表示しない」と設定しているユーザーには、ツイートが表示されなくなります。
 

・Search Ban
ツイートが検索結果に表示されなくなる措置です。また、ハッシュタグを付けてツイートしても、ハッシュタグで検索した際にはツイートが表示されなくなります。
 

・Ghost Ban
自身のリプライが第三者から見えなくなります。リプライを送ったユーザーと送られたユーザーにしかリプライは見えません。
 

・Reply Deboosting
制限対象のリプライだと判定されると、第三者のユーザーがその元ツイートを開いても自動的にはリプライが表示されず、「さらに返信を表示する」の中に隠される状態になります。
 

なぜシャドウバンされるのか?

シャドウバンされる原因として以下が考えられます。
 

・不特定多数の人に大量のいいねやツイートを行う
・同じ文章、画像を繰り返し投稿する
・ツイートに外部リンク(URL)を多数貼る
・特定のトレンドトピックやハッシュタグを乱用する
・複数のアカウントで同じような文章を連続で投稿する
・ツイートや返信の送信を自動化する
・フォローとフォロー解除を過剰に行う
 

シャドウバンされたときの対策

シャドウバンされているかどうかは以下の手順でチェックができます。
 

・Twitterアプリの検索窓で「from:」と入力し、その後に自身のユーザーID(@の後ろの文字列)を入力する(「from:」と「ユーザーID」の間にスペースを入れない)
・シャドウバン対象でなければ、自身のツイートやリプライが問題なく表示される
 

シャドウバンされているときは、以下の対応策を取ることができます。
 

1. 数日待つ
ツイートを含め、リプライやいいねなどのアクションを一切行わずにいると、1日から1日半で解除されたという報告があります。
 

2. 興味関心のあるトピックを削除する
[もっと見る]→[設定とサポート]→[設定とプライバシー]→[プライバシーと安全]→[表示するコンテンツ]→[興味関心]に移動します。プロフィール、アクティビティ、フォローしているトピックに基づく興味関心項目が表示されます。

興味関心のあるトピックのチェックを全て外す

これらのチェックを全て外して完了です。ただし、こちらの方法が有効かどうかは賛否両論あるようです。
 

3. 問い合わせる
Twitterのヘルプページから、Twitter社に問い合わせができます。
 

これらの方法は確実にシャドウバンを解除できるというものではありません。シャドウバンは軽めのスパム判定を受けるものであり、基本的には徐々に解除されていくのを待つしかないようです。


【おすすめ記事】
Twitterは再上場の可能性もある? イーロン・マスク氏による買収で何が変わるのか、現時点で分かっていること
「Twitter有料化」でサブスクモデルも? イーロン・マスクはツイッターをどう変えるのか
トランプ前大統領のTwitterアカウント復活は、バイデン政権に向けたメッセージか
Twitterでショッキングな画像や動画の自動再生を止める方法! 通信量の節約にも効果的
「Twitter Pro」機能とは? 一部ユーザーに開放され話題に
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も