10月に予告されていたTwitterの新機能「Twitter Pro」が一部ユーザーに開放され、日本ではトレンド1位になるなど話題になっています。
 
11月3日夜のTwitterトレンド
 

「Twitter Pro」機能とは?

「Twitter Pro」機能(出典:Twitterのビジネスブログより)


「Twitter Pro」機能は、企業やクリエイターがTwitterで存在感を高め、プロモーションツールとして活用できるもの。Twitter Pro機能を有効にするとプロフィールに職業や属性のカテゴリを表示でき、将来的には、広告やショッピング機能が使えるそうです。
 

Twitterが公開している「Proアカウントに関するポリシー」によると、Pro用のプロフィールを作成することで、ビジネスクリエイターまたはプロのクリエイターとしてTwitter上で認識されるようになる、とのことです。
 

「Twitter Pro」機能を使うには

「Twitter Pro」機能は11月3日現在、Proアカウントの資格要件を満たす一部ユーザーに開放されています。
 

資格要件とは、
・Twitter利用者契約に繰り返し違反した履歴がないこと
・アカウント名、自己紹介、プロフィール写真を含む、すべてのプロフィール情報を表示している
・偽の本人確認情報が使用されていないこと

などです。詳しくは「Proアカウントに関するポリシー」をご確認ください。
 

「Twitter Pro」の設定方法

ここではiOS版のTwitter公式アプリを使って「Twitter Pro」機能を有効にする方法を紹介します。
 

「Twitter Pro」機能を使うには、アカウントのプロフィール編集画面から「Proに切り替え」、もしくは左カラムに下に表示されている「Twitter Pro」をタップします。
 

「Proに切り替え」もしくは「Twitter Pro」をタップ


Proアカウントに関するポリシーを確認し、「同意して続ける」をタップ。
 

「同意して続ける」をタップ


その後、プロフィールに表示するカテゴリの選択画面となります。カテゴリは「弁護士・法律事務所」「メディア・ニュース会社」「政治家」「女優」など多岐にわたり、中には「国王」なども。
 

カテゴリを選択


最後に、アカウントの種類を「ビジネス」または「クリエイター」から選択。設定が完了します。
 

アカウントの種類を選択


設定後は、再びプロフィールページからカテゴリ変更やカテゴリをプロフィールに表示するかしないかを選択できます。
 

後からカテゴリ変更もできる


なお、Proアカウントで設定したカテゴリは、現時点ではProアカウントの資格要件を満たすユーザー同士でしかプロフィールに表示されない仕様のようです。
 

Proアカウントの資格要件を満たすユーザー同士なら、設定したカテゴリがプロフィールで確認できる


一度設定したTwitter Pro機能は、再びプロフィールの設定画面から無効(オフ)にもできます。Twitterによると、今後もさまざまな機能追加が予定されているとのこと。気になる人はぜひチェックしてみてください。
 

 

【おすすめ記事】
Twitterが「コミュニティ」のテストを開始! 同じ興味を持つ人同士がゆるく集まれる新機能
Twitter「高度な検索」が優秀すぎる! 細かく検索したい場合のコマンドや使い方
Twitterで話題!? 「シャトレーゼ1000円チャレンジ」で何を買えるかやってみた
「高専は実在する学校です」Twitterで広がる『呪術廻戦』二次創作に高専関係者が困惑、解決策は
10代女性、3人に1人はTwitterとInstagramを3アカウント以上所有している!