Twitterで「望まない画像や動画」を非常時するには(画像はイメージ)

スマホやSNSの普及で、リアルな情報を素早く得ることが可能となりました。反面、欲しい情報や必要な情報以外の「望まない情報」も目にしてしまうケースもあり、中にはショッキングな写真や動画が混ざってくることもあります。
 

本記事では、Twitterで「ショッキングな画像や動画の自動再生を防止する方法と設定」を紹介します。公式アプリ内から簡単に設定できるので、ぜひ試してみてください。※iPhoneのTwitter公式アプリを参考としています
 

Twitterで意図しない不適切な画像や動画の自動再生を防止する方法

Twitterで、意図しない不適切な画像や動画の自動再生を防止するには、Twitterのアカウントメニューから「設定とプライバシー」を選択し、次に「アクセシビリティ、表示、言語」を選びます。
 
「設定とプライバシー」から「アクセシビリティ、表示、言語」を開く
「設定とプライバシー」から「アクセシビリティ、表示、言語」を開く

開いたページから今度は「画面表示とサウンド」を選択すると”自分のタイムラインがどのように表示されるか”をカスタマイズできる設定メニューが開きます。
 
「メディアのプレビュー」をオフに
「メディアのプレビュー」をオフに

この中の「メディアのプレビュー」をオフにすると、動画の自動プレビューがオフとなり画像も表示されません。
 
設定前と設定後の比較
設定前と設定後の比較


この設定はすべての画像や動画の自動表示、再生がオフとなるため、必要な情報の視認性が下がってしまう反面、意図しない不適切なコンテンツを見ずに済みます。また、外出先で通信量を抑える効果もあるので、ぜひ試してみてください。
 

画像や動画を開きたい場合は、ツイートにあるURLをタップすることで確認できます。これを機に、Twitterの使い方を見直してみるのもよいかもしれません。


【おすすめ記事】
怖いニュースを見るのが辛い…不安が強いときの対処法
Twitterの「Birdwatch(バードウォッチ)」機能って何か知ってる?
「Twitter Pro」機能とは? 一部ユーザーに開放され話題に
Twitter、有料版「Twitter Blue」を米国とニュージーランドでも開始! 「Nuzzel」の機能も
Twitterが「コミュニティ」のテストを開始! 同じ興味を持つ人同士がゆるく集まれる新機能