Twitterの「Birdwatch(バードウォッチ)」機能って何か知ってる?

Twitterがテスト中の「Birdwatch(バードウォッチ)」機能をご存じでしょうか? 同機能は、現在日本では提供されていないサービスです。しかし、今後のSNSのトレンドを追う上で、同機能の概要と最新動向について、知っておいて損はありません。

Twitterがテスト中の「Birdwatch(バードウォッチ)」機能をご存じでしょうか? 同機能は、現在日本では提供されていないサービスです。しかし、今後のSNSのトレンドを追う上で、同機能の概要と最新動向について、知っておいて損はありません。
 

Twitterの「Birdwatch」機能とは

Birdwatch機能とは、Twitterが2021年1月から米国向けに試験導入している誤情報対策機能のこと。テストユーザーらは、同機能を使うことで、誤解を招く可能性のあるツイートに対して「note(ノート)」と呼ばれる注釈を付けることができます。
 

そして、こうした注釈に対してユーザーが評価を行い、評価数の多い注釈がツイートの関連情報として確認できるようになるという仕組みです。ツイートに関連して信頼度の高い背景情報や意見、文脈などが表示されることで、誤った情報が拡散されることを防止する狙いがあります。
 

最近のアップデートについて

ただし、従来提供されていたパイロット版では、このBirdwatchノートをツイート上で直接閲覧はできませんでした。米国ユーザーも「Birdwatch」のWebサイトで閲覧するようになっていたのです(ちなみに、現状、同サイトへ日本からアクセスすることはできません)。
 
米国時間3月3日からBirdwatchノートを直接閲覧できるようにする実証実験がスタート
米国時間3月3日からBirdwatchノートを直接閲覧できるようにする実証実験がスタート(出典:Twitter Japan公式ブログ



しかし、2022年3月3日(米国時間)からは、米国のTwitterユーザーから無作為に抽出された小規模グループが、Birdwatchノートをツイート上で閲覧できるようにする、という実証実験が開始されました。具体的には、Birdwatch参加者から「役に立つ」と十分に評価されたノートのみが、ツイート上に表示されるといいます。
 

Birdwatchノートの評価方法については、単純な評価数だけではなく、さまざまな視点からの評価を受けているかどうかも考慮されることが重要です。その判断において、ユーザーの場所や性別、所属政党、Twitterデータなどが使われることはないとされています。
 

Twitter Japanは3月8日に公開した同社ブログにおいて、「米国でTwitterを利用している人々を無作為に抽出した調査」によって、大多数のユーザーが、Birdwatchノートが実際に役に立つと答えたことや、Birdwatchノートを読むことで誤解を招くツイート内容に同意する割合が20%から40%低くなったことなどをの知見を得られたと記しています。
 

同機能は現状米国で実証実験が行われている段階ですが、将来的にはインフォデミックに対するワクチンの1つとして、グローバルで導入される可能性もあるかもしれません。日本でツイートの右上にある「…」ボタンからBirdwatch機能が使える日はいつ来るのか? 今後の動向に注視しておきましょう。



【おすすめ記事】
「Twitter Pro」機能とは? 一部ユーザーに開放され話題に
Twitterが「コミュニティ」のテストを開始! 同じ興味を持つ人同士がゆるく集まれる新機能
ワクチン接種3回目の記録はどうする? 「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」の登録方法や注意点
荷物をスマホ操作で簡単に送れる! 宅配便ロッカー「PUDO(プドー)」とは?
超ミニマルなSIMフリーフィーチャーフォン「Punkt. MP02 New Generation」が登場! 従来機から何が変わった?



【関連リンク】
Twitter Japan公式ブログ
Twitterヘルプセンター


 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは