「Twitter有料化」でサブスクモデルも? イーロン・マスクはツイッターをどう変えるのか

イーロン・マスク氏がTwitterを買収し、さまざまな改革を推し進めています。その中で今後有力視されているのがTwitterの有料化。どのような有料化が実現されていくのか、現時点で分かっている内容を基に解説します。

買収により大改革が進むTwitter

Twitter社の買収を完了したイーロン・マスク氏(以下、マスク氏)。最高経営責任者(CEO)に就任後、社員の約半数に当たる約3700人を解雇するなど大規模な改革を推し進めています。
 

Twitter社を買収したマスク氏はどのような人物なのか、また、買収が行われた背景や目的については別記事「Twitterは再上場の可能性もある? イーロン・マスク氏による買収で何が変わるのか、現時点で分かっていること」をご参照ください。
 

買収によって今後起きるであろうと予想されているのが、Twitterの一部サービスにおける有料化です。
 

認証バッジの有料化

Twitter社は11月10日、ユーザーが月額7.99ドルで青色の「認証済みバッジ」を購入できるサブスクリプションサービスを開始しました。Twitterには以前から「Twitter Blue」というサブスクリプションサービスがありましたが、これに新たに認証バッジを取得できるプランを導入した格好です。
 

アカウントが本物であることを示す青色の「認証済みバッジ」は以前からありましたが、マスク氏はこれが正しく機能していないとTwitter上で指摘していました。
 

このサブスクリプションサービスには、他にも広告の数が半減される機能や、より長い動画を投稿する機能が含まれています。
 

しかし、同サービスの提供開始直後から認証バッジ取得によるなりすましアカウントが急増していると報告されており、わずか数日で停止に追い込まれました。米ワシントン・ポスト紙によると、Twitter社は10日夜の従業員向けの連絡でTwitter Blueへの登録を一時的に停止すると伝えました。
 

マスク氏による改革が序盤からつまずいた形になり、今後認証バッジの問題をどのように解決していくかが注目されます。


>次ページ:DMの有料化


 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」