最も起こりやすい? 「ご近所トラブル」ランキング! 2位「ゴミ出し」関連のトラブルを抑えた1位は?

全国428人に聞いた、「ご近所トラブル」ランキング! 毎日の生活のちょっとした不注意からご近所トラブルに発展してしまった、という人は多いようです。経験したことがある、という人が最も多かった“ご近所トラブル”ランキングを発表します!


AlbaLinkが運営する訳あり物件買取プロは「ご近所トラブル」に関する意識調査結果を公表。同調査は、“ご近所トラブル”を経験したことがある全国の男女428人(女性277人/男性151人)を対象に、インターネット上で実施しました(調査期間:2022年10月13~27日)。調査結果から今回は、経験した人が多かった「ご近所トラブル」ランキングを発表します!

>7位までの全ランキング結果を見る
 

第3位:駐車・駐輪関連のご近所トラブル

第3位は、「駐車・駐輪関連」のご近所トラブル。回答者からは、「自転車の止め方が乱雑。あまり広くない駐輪場だったので、毎回自転車を動かして入れるという手間が頻繁にありました(20代男性)」など、限られたスペースを共有するマンションの駐輪場などでは、「自転車の置き方が乱雑で困る」という意見もありました。

また、駐車に関しては、「自分が契約している駐車場に、他の方が車を駐めること。来客に駐めさせているのか毎回車が変わるので、特定できず困っていました(30代女性)」などの「無断駐車」や「路上駐車」のトラブルが寄せられました。
 

第2位:ゴミ出し関連のご近所トラブル

第2位は、“ゴミ出し”に関するご近所トラブルでした。回答者からは、「ゴミステーションが家の前で、燃えるゴミの日は生ゴミなどが散乱。カラスがしたことではあるものの、捨てる側にも問題があったため、近所の方々とモメました(30代女性)」など、収集日ではない日にゴミを出したり、ゴミの出し方が悪かったりすることでカラスにあさられてゴミが散乱する、ということも多いようです。

逆に、「ゴミの捨て方で注意されたことがある。いつも見張りをしている人がいるので、少しでもマナーが悪いと注意される(50代女性)」など、ゴミの出し方について細かく注意をされたり、ルールを守っているにも関わらず、「ゴミ袋を開けて中身をチェックされ、気持ちが悪かった」という経験をした人もいました。
 

第1位:生活音・騒音のご近所トラブル

圧倒的に経験したという人が多かった第1位は、「生活音・騒音」に関するご近所トラブルでした。

「上階の住人が昼夜問わず楽器の練習をしていたことです。うるさくて非常に迷惑でした(20代女性)」「マンションの上階から子どもの足音が聞こえていました。『多少なら仕方ない』と思って我慢していたのですが、あまりにもひどかったのでトラブルになったことがあります(30代男性)」など、足音や楽器の演奏、人が集まって騒いでいる声などに悩んでいたとの声が多くありました。

中には、「昼間なら我慢するが、夜までうるさいと我慢できない」という声が多数寄せられ、音を出す時間帯に注意しないと、ご近所トラブルに発展してしまうことが多いようです。子育て中の人からは、「気をつけてはいたけれど、子どもの声や足音がうるさいと苦情を受けた」というコメントも多く寄せられました。


>7位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
ワーキングマザーに聞いた「嫌いな家事ランキング」 料理、キッチン掃除を抑えた1位は?
約3割が間違っている「エアコン掃除方法」 秋にやらないとカビが増殖する“正しい”やり方とは?
親友だったのに、なぜ?ママ友トラブルで子どもたちが登校拒否に…
「ちがうちがう、今日じゃ今日じゃなーい」ゴミ袋に貼られた“鈴木雅之”風メッセージが話題に

【関連リンク】
訳あり物件買取プロ
プレスリリース
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化