「好きな歴代日本代表監督」ランキング! 3位「ザッケローニ」、2位「オシム」、1位は?

All About編集部は11月15〜21日、全国152人を対象に「サッカーワールドカップ日本代表」に関する独自アンケート調査を実施。その中から「好きな歴代日本代表監督」ランキングを発表します。

イビチャ・オシムさん(画像出典:プレスリリース


11月20日~12月18日の日程で開催される、サッカーワールドカップ カタール大会。4年に1度の地球規模の祭典に、心躍らせている人も少なくないのではないでしょうか。
 

All About編集部は、全国152人を対象に「サッカーワールドカップ日本代表」に関する独自アンケート調査を実施しました(調査期間:11月15〜21日)。その中から今回は、「好きな歴代日本代表監督」ランキングを発表します!

>5位までの全ランキング結果を見る
 

第3位:アルベルト・ザッケローニ(25票)

第3位は、イタリア人監督のアルベルト・ザッケローニさん。2010~2014年、サッカー日本代表の監督を務めました。イタリアのサッカーリーグ「セリエA」で優勝したこともあるなど、監督としての経験も豊富。日本代表監督としても2011年のアジアカップで優勝を果たしましたが、2014年に開催されたワールドカップ ブラジル大会ではグループステージ敗退に終わりました。

回答理由としては「選手とのコミュニケーション能力に優れていたと感じる(30代男性・東京都)」「親近感があり、戦略家(30代男性・宮城県)」といった人間性を評価するものが見られたほか、「香川、本田、岡崎、長友など海外で活躍している選手たちがおり、強化試合でも強豪国に勝利するなどワクワクするチームであったため(20代男性・埼玉県)」など前線の多彩なタレントが躍動するサッカーを理由として挙げる声もありました。
 

第2位:イビチャ・オシム(40票)

第2位は、旧ユーゴスラビア出身のイビチャ・オシムさん。2003年に来日し、ジェフユナイテッド市原(現ジェフユナイテッド市原・千葉)の監督に就任。「人もボールも動くサッカー」を掲げ、チームを躍進に導きました。2006年に日本代表の監督に就任しましたが、翌2007年に病に倒れて退任。2022年5月にこの世を去りました。

「日本サッカーに革命をもたらした存在」とも呼ばれるオシムさん。今回のアンケートでも「オシム監督が病に倒れていなかったら、日本代表は現在より数年分の進歩・成長をしていたと思う(40代男性・静岡県)」など、その影響力の大きさをたたえる声が上がりました。

そのほか、「『考えて走る』というコンセプト。シンプルで分かりやすく、尚且つ日本人にマッチしてる(20代男性・東京都)」「世界の模倣ではなく、日本人に合ったプレースタイルがあることを教えてくれた(50代女性・大阪府)」など、日本人の特性を生かした戦術を理由に挙げる意見も寄せられました。

 

第1位:岡田武史(43票)

第1位は、岡田武史さんでした。日本代表の監督として、1998年のフランス大会と2010年の南アフリカ大会、2回のワールドカップに出場。南アフリカ大会では日本を史上2度目のベスト16に導きました。Jリーグでも結果を残しており、コンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)でJ2リーグの、横浜F・マリノスでJ1リーグの優勝を達成しています。

回答理由としては「勝負強さがある(40代女性・愛知県)」「一番結果を出していると思います(40代男性・北海道)」など、代表でもクラブでも好成績を残している点が挙がりました。

そのほか、「緻密な戦略を練るタイプでありながら、感情を爆発させることもあった面白い監督(40代女性・奈良県)」といった、人間性を理由に挙げる声も。「岡ちゃん」の愛称で親しまれた岡田さんは、今も日本のサッカーファンから愛されているようです。


>5位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
「好きなワールドカップ日本代表選手」ランキング! 3位「吉田麻也」、2位「久保建英」、1位は?
「歴代ワールドカップ日本代表で一番好きなキャプテン」ランキング! 2位「宮本恒靖」、1位は?
歴代ワールドカップ日本代表で一番好きな「背番号10番」ランキング! 2位「香川真司」、1位は?
「かっこいいと思うワールドカップ日本代表選手」ランキング! 同率2位「長友佑都」「川島永嗣」を抑えた1位は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」