「好きなワールドカップ日本代表選手」ランキング! 3位「吉田麻也」、2位「久保建英」、1位は?

ついに開幕した「FIFAワールドカップカタール2022」! All About編集部では、全国の10~70代の152人を対象に、「サッカーワールドカップ日本代表に関するアンケート」を実施しました。今回はその中から「好きなワールドカップ日本代表選手」ランキングを発表します。

11月20日、ついに開幕した「FIFAワールドカップカタール2022」! All About編集部では、全国の10~70代152人を対象に、「サッカーワールドカップ日本代表に関するアンケート」を実施しました(実施期間:11月15~21日)。今回はその中から「好きなワールドカップ日本代表選手」ランキングを発表します。

久保建英選手(画像出典:プレスリリース

>10位までの全ランキングを見る
 

第3位:吉田麻也(19票)

3位は3大会連続のワールドカップに臨む、吉田麻也選手。最終ラインから強い統率力でチームを引き締め、日本代表を後ろから支えてきたキャプテンが根強い人気を見せる結果となりました。

回答者からは「キャプテンらしいリーダーシップをとる姿に、憧れてるからです(50代女性)」「キャプテンシーがあり、気持ちのこもった熱いプレーを見せてくれるから(50代女性)」「統率力があるから(30代男性)」「わからない。ただ、かっこよさがあるから。長友選手や吉田麻也選手はベテランでずっと見てきたから(30代女性)」など、キャプテンとして日本代表を支えてきた姿に惹かれる人が多く見られました。

他にも、「かっこよくてプレイも上手いからです(50代女性)」「賢いディフェンス力だから(40代男性)」「プレースタイルが好きだから(40代女性)」など、サッカーIQの高さが表れたプレースタイルにも多く票が集まりました。
 

第2位:久保建英(36票)

2位に選ばれたのは、ワールドカップメンバーで最年少となる21歳の久保建英選手。まだあどけなさが残る顔立ちと、幼少期からスペインの強豪・バルセロナの下部組織で磨いた確かな技術力が人気を集めています。

回答者からは「伸び代がいちばんありそうだから(40代男性)」「10代前半とかの小さい時から見てきた選手でついにワールドカップに出てきたから(40代男性)」「小さなころからスペインで育ちプレーしていて、テクニシャンなところが好きです。また21歳と若いので成長が楽しみだからです(30代女性)」「幼少期からスペインで活躍して最年少で代表入りするくらいアグレッシブなサッカーがするので好きです(50代女性)」など、若さゆえの成長を期待したコメントが多く寄せられました。

他にも「プレースタイルが好きだから(40代女性)」「ボールコントロールが素晴らしい(50代男性)」「最近見た中で一番目を引く選手で一番努力してると思うし、一番期待しかないから(30代女性)」「攻撃のセンスが凄いから(40代男性)」など、バルセロナ仕込みの高いクオリティにも人気が集まったようです。
 

第1位:長友佑都(39票)

1位に輝いたのは、日本歴代最多タイとなる4回目のワールドカップに臨む、長友佑都選手。2021年には約11年ぶりとなるJリーグ復帰を果たし、長く日本代表を引っ張ってきたベテランに最も多くの票が集まりました。

回答者からは「これだけ長く代表で活躍できる実力と大きな選手にも負けない体幹が本当に憧れます(40代女性)」「もうベテランの選手で長くテレビで見ているため(30代男性)」「長く日本を支えたベテランの集大成を見たいから(50代男性)」「やはり彼は日本を代表する選手でありその中でもレジェンドだと思います。なにもかも別格(40代女性)」「W杯4度目の出場、小柄でも活躍しています頑張ってほしいです(60代男性)」など、長く日本代表で活躍を続けていることに対するリスペクトのコメントが多く寄せられました。

また、「人間性が非常に良くてサッカー経験も非常に豊富で頼りになりますしプレイスタイルも素直に好きだからです(40代男性)」「ムードメーカでありつつ、未だにピッチ上でも欠かせない存在ということへのリスペクト(20代男性)」「家庭と仕事を両立しているため(40代男性)」など、その愛されるキャラクターにも高い人気が集まりました。
 


>10位までの全ランキングを見る
 


【おすすめ記事】
「歴代ワールドカップ日本代表で一番好きなキャプテン」ランキング! 2位「宮本恒靖」、1位は?
歴代ワールドカップ日本代表で一番好きな「背番号10番」ランキング! 2位「香川真司」、1位は?
「期待しているワールドカップ日本代表選手」ランキング! 「長友佑都」、「三笘薫」を抑えた1位は?
「かっこいいと思うワールドカップ日本代表選手」ランキング! 同率2位「長友佑都」「川島永嗣」を抑えた1位は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」