「低すぎる」日本の給与。20〜50代正社員の約半数が5年前から「変わらない」「下がった」

マイナビ転職が実施した「正社員の賃金上昇実態と生活満足度調査」によると、正社員年収の中央値は450万円で4割が「低すぎる」と回答しており、理想の収入との差は100万円でした。

マイナビ転職は11月10日、20〜50代の正社員1200人を対象に実施した「正社員の賃金上昇実態と生活満足度調査」の結果を公開しました。

調査によると、正社員年収の中央値は450万円で約4割が「低すぎる」と感じており、理想の年収との差は100万円であることなどが判明しました。

 

現在の年収で最も多いのは「300〜500万円未満」、中央値は450万円

現在の年収
現在の年収

「現在の年収」を見ると、全体で最も多かったのは「300〜500万円未満」(40%)、次いで「500〜700万円未満」(23.5%)、「300万円未満」(15.7%)という結果でした。中央値は450万円です。

年代別で見ると、20〜30代までは「300〜500万円未満」や「300万円未満」が多く、40代以降になると次第に年収も上がっていく様子が分かります。
 

年収は見合ってると思うか
年収は見合っていると思うか

「年収は見合っていると思うか」を見ると、「低すぎる」が最多の43%、「妥当」が33.3%、「どちらとも言えない・分からない」が22.2%でした。

年収別で見た場合、300万円未満までは「低すぎる」が半数を占めています。
 

見合うと思う年収
見合うと思う年収


「見合うと思う年収」を見ると、最多が「300〜500万円未満」(33.4%)、次いで「500〜700万円未満」(31.1%)、「700〜900万円未満」(17.9%)という結果に。中央値は500万円で理想との差は100万円でした。

年代別で見ると、20代は「300〜500万円未満」が63.2%だったのに対し、30代は「300〜500万円未満」が37.7%、「500〜700万円未満」が41%という比率となっており、40代になると「700〜900万円未満」も25.5%に増加しています。

 

5年前との給与の比較、半数が「変わらない/下がった」と回答

過去5年間の年収の変化
5年前の年収の変化


「年収の変化(5年前)」を見ると、「上がった」が41.9%、「変わらない」が33.7%、「下がった」が13.8%でした。「変わらない」「下がった」を合計すると47.5%になり、半数近くの人の給料が上がっていないことが分かります。

年代別で見ると、30代以降は上がったという人が減り続け、代わりに下がったという回答が増えていきます。
 

将来的に年収は上がると思うか?
将来的に年収は上がると思うか?


今後5年間で「年収は上がると思うか」を聞いたところ、「変わらないと思う」が最多の46.6%、次いで「上がると思う」が37.3%、「下がると思う」が16.1%でした。

年代別でみると、20代は「上がると思う」が約6割、30〜40代は「変わらないと思う」が約5割、50代は「下がると思う」が他と比べて一気に増加し約4割となっています。

 

現在の年収「不満」が約6割

今の生活の金銭的満足度
今の生活の金銭的満足度


「今の生活の金銭的満足度」を聞いたところ、「不満/やや不満」の合計が57.8%、「満足/やや満足」が42.2%という結果に。

年収別で見ると、300万円未満で不満と答えた人は77.1%、徐々に比率は変化し、700〜900万円未満で39.7%(満足が60.3%)となっています。
 

お金を使うことに躊躇うこと
お金を使うことにためらうもの


「金銭的理由で出費をためらう・諦めるもの」を聞いたところ、「趣味・娯楽・レジャー費」が最多の36.8%、次いで「被服・美容・化粧品費」が32.1%、「交際費」が30.3%でした。

 

「将来の生活への金銭的な不安」は約7割が不安感じる

 
将来の金銭的な不安
将来の金銭的な不安

「将来の生活への金銭的不安」を見ると、「やや不安」が最多の38.8%、次いで「不安」が32.8%、「あまり不安は感じない」が22.3%という結果でした。

年収別で見ると、全体的に「やや不安」への回答は35〜40%前後となっており、差がついたのは「不安」への回答率で、年収が低いほど多いことが分かります。

 
年収アップのための行動
年収アップのための行動

「年収を上げるために行っている行動」では、「特に何もしていない」が50.1%で最も多い結果に。

項目別では、「今の会社で年収を上げるための勉強・リスキリング」が20.2%、「(何かやろうと)検討している」が15.4%、「副業などの勉強を行っている」が13.5%、「副業で収入を得ている」が8.9%でした。

約半数が今の年収を上げるために何かをしていたり、何かをしようとしていたりするようです。


【おすすめ記事】
30~50代既婚者の「世帯年収」や「貯蓄額」は? 500人に調査
夫婦ともに年収350万円以下、生活のリアルを語る「禁欲生活、エアコンは夜の3時間のみ、これ以上何ができますか?」
年収は低くても生活しやすい?中国と日本、収入の違い
年収800万、貯蓄2000万でも不安? 「自宅では麦茶か水道水しか飲まない」30代独身男性が語る暮らしのリアル
子育て世代の世帯年収は「500万円台」が最多。貯蓄額2位は「1000万円以上」、1位は?


【関連記事】
プレスリリース



 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」