2022年『紅白歌合戦』に出演してほしいジャニーズランキング! 2位「Kinki Kids」、1位は?

『第73回NHK紅白歌合戦』は現時点で42組+特別企画1組の出場歌手が決定していますが、今後のサプライズ発表にも期待が膨らみます。視聴者が「出演してほしい」と思っているジャニーズグループの1位は?

2回目の出演が決定している「Kinki Kids」(画像出典:プレスリリース

11月16日に出場歌手が発表された『第73回NHK紅白歌合戦』。現時点では、42組+特別企画1組の出場歌手が発表されていますが、視聴者が「出演してほしい」と思っているアーティストは誰なのでしょうか? 今後のサプライズ発表にも期待が膨らみますね。
 

All About編集部は11月10~17日、全国10~70代の500人を対象に『紅白歌合戦』に関するアンケート調査を実施。今回はその中から、視聴者が「出演してほしい」と思っているジャニーズグループをランキング形式で紹介します。
 

>15位までの全ランキング結果を見る
 

3位「TOKIO」

3位に選ばれたのは「TOKIO」。ジャニーズとしては珍しく、ロックバンドグループとして1994年にシングル『LOVE YOU ONLY』でCDデビューを果たしています。その後も『AMBITIOUS JAPAN!』『宙船(そらふね)』など数々のヒット曲をリリース。一方で、『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)をはじめとしたバラエティ番組、CMやドラマなどでも活躍し、幅広い世代からの人気を獲得しています。2018年、山口達也さんが所属事務所の契約解除に伴い、グループ脱退を発表。2021年には長瀬智也さんが脱退し、現在は城島茂さん、国分太一さん、松岡昌宏さんの3人で活動をしています。
 

回答理由では、「幅広い世代に知名度があるから」(愛知県、20代女性)、「世代なのか、TOKIOの曲が聞きたいと素直に思います」(長野県、50代女性)などの声が聞かれました。
 

2位「Kinki Kids」

2位には、2022年でデビュー25周年を迎えた「Kinki Kids」が選ばれました! 1997年にシングル『硝子の少年』、アルバム『A album』の同時リリースでCDデビュー。以降、シングルは45作連続でオリコン初登場1位を獲得しています。現在、グループ活動と並行して、堂本剛さんがシンガーソングライターとしても活躍。堂本光一さんも舞台やドラマ、CDリリースなど幅広く活躍しています。『紅白歌合戦』には、2022年に2回目の出演が決定しています。
 

「若いころ好きだったのでまた見たいから。2人とも変わらずカッコいいので」(福岡県、30代女性)、「デビュー25周年なので、メドレーを歌ってほしいです」(静岡県、30代女性)などの意見が聞かれました。
 

1位「King & Prince」

1位には、「キンプリ」の愛称で親しまれている「King & Prince」が選ばれました! 2018年に『シンデレラガール』でCDデビュー後、グループとしてだけでなく、個々のメンバーでも芝居やバラエティなどで華々しい活躍が続いています。『紅白歌合戦』には、2018年から5年連続で出場予定。2023年5月には、岸優太さん、神宮寺勇太さん、平野紫耀さんが同グループを脱退することが発表され、驚きの声が上がっています。
 

回答者からは「3人が脱退すると話題になっているので、最後に5人が紅白に出ている姿を見たいからです」(青森県、40代女性)、「5人揃った素晴らしいパフォーマンスを見せつけて欲しい!」(兵庫県、30代女性)などの声が聞かれました。
 

>15位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
2022年「紅白歌合戦」に出演してほしい男性アイドルグループ! 2位「King&Prince」、1位はK-POPの……?
2022年「紅白歌合戦」に出演してほしい女性アイドルグループ! 2位「ももいろクローバーZ」、1位は?
IVE、LE SSERAFIMの紅白出場が物議。NHKはなぜ“知名度の低い”K-POPグループを出場させるのか
「紅白歌合戦」で印象に残っている大トリ歌手ランキング! 2位「MISIA」(2021年)、1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」