『紅白歌合戦』で印象に残っている大トリ歌手ランキング! 2位「MISIA」(2021年)、1位は?

All About編集部は11月10~17日、全国10~70代の500人を対象に『紅白歌合戦』に関するアンケートを実施。視聴者が「2000年以降の紅白で感動した、印象に残っている」大トリ歌手の1位は?

『紅白歌合戦』7回目の出場が決定しているMISIA(画像出典:プレスリリース

11月16日に出場歌手が発表された『第73回NHK紅白歌合戦』。11月末時点では、42組+特別企画1組の出場歌手が決定しています。
 

All About編集部は11月10~17日、全国10~70代の500人を対象に『紅白歌合戦』に関するアンケートを実施。今回はその中から、視聴者が「2000年以降の紅白で感動した、印象に残っている大トリ歌手」ランキングを紹介します。
 

>10位までの全ランキング結果を見る

 

3位:嵐|嵐×紅白スペシャルメドレー(2019年)

3位に選ばれたのは、『第70回NHK紅白歌合戦』で「嵐×紅白スペシャルメドレー」を歌った「嵐」。2018年から2年連続3度目の大トリを務め、デビュー曲『A・RA・SHI』と『Turning Up』の2曲を披露しました。
 

回答理由では「嵐らしいステージで国民的なパフォーマンスをしていたから」(福岡県、20代女性)、「嵐の人気がすごく、日本中で盛り上がっていたイメージで印象に残っています」(兵庫県、30代女性)などの声が聞かれました。
 

2位:MISIA|明日へ2021(2021年)

2位にランクインしたのは「MISIA」。2年ぶりの有観客で実施された『第72回NHK紅白歌合戦』で、2年連続の大トリを務めました。披露した曲は、『明日へ2021』。さらに、サプライズ演出となった2曲目には、『紅白歌合戦』初出場の藤井風が楽曲提供した『Higher Love』を披露。藤井さんもピアノ演奏で参加し、話題となりました。
 

「MISIAの日本人離れした歌唱力は圧巻だから」(宮崎県、50代女性)、「歌声で体が震え上がるほど興奮したから」(埼玉県、20代女性)などの意見が聞かれました。
 

1位:MISIA|アイノカタチ(2020年)

1位に選ばれたのも、「MISIA」でした! 初の大トリを務めた『第71回NHK紅白歌合戦』では、1カ月前の落馬で背骨の胸椎棘(きょうついきょく)突起部を骨折するけがを負いながらも、『アイノカタチ』をパワフルに熱唱。圧巻のパフォーマンスで多くの視聴者を魅了しました。
 

回答者からは、「MISIAさんの歌の中で一番好きな歌なので、感動したのを覚えています」(香川県、30代女性)、「圧倒的な歌唱力に魅了されたから」(富山県、40代男性)などの声が聞かれました。
 

>10位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
「紅白歌合戦」で印象に残っている「司会者」ランキング! 2位「綾瀬はるか/櫻井翔」(2019年)、1位は?
2022年「紅白歌合戦」に出演してほしいジャニーズランキング! 2位「Kinki Kids」、1位は?
2022年「紅白歌合戦」に出演してほしい男性アイドルグループ! 2位「King&Prince」、1位はK-POPの……?
2022年「紅白歌合戦」に出演してほしい女性アイドルグループ! 2位「ももいろクローバーZ」、1位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」