AKB48総監督・向井地美音の「恋愛禁止」ルール発言に補足説明も広がる波紋「なんかもうAKB48って滅茶苦茶ですね」

AKB48総監督を務める向井地美音さんが11月21日、自身のTwitterを更新。20日にツイートしたAKB48の「恋愛禁止」ルールを巡る発言について補足説明をし、さまざまな声が飛び交って大きな反響を呼んでいます。

AKB48総監督を務める向井地美音さんが11月21日、自身のTwitterを更新。20日にツイートしたAKB48の「恋愛禁止」ルールを巡る発言について、補足説明をしました。
 

「今回は運営と本人に任せた方がいい」

 

向井地さんは20日に「あなたが悲しむ姿も、あなたがファンの方を悲しませる姿も見たくなかった。こんな近くにいて何もできなかった私にも責任があります」「今まで曖昧になっていた『恋愛禁止』というルールについて改めて考え直す時代が来たのだと思います」などとつづり、ツイート。明言はしていませんが、おそらく19日に文春オンラインが報じた、岡田奈々さんと俳優の猪野広樹さんとの真剣交際について言及したものと思われます。
 

ツイート後、SNS上では「孫を見守るが如く推し事できたらいいなと考えています」「アイドルなら、バレたら謝罪して辞めるのが最低限の在り方」「恋愛禁止のルールがどうのこうのじゃないんよ。恋愛はしても良いし彼氏が居ても良いけどアイドルである以上それを隠し通せって事」など、賛否の声が飛び交っていました。


21日、向井地さんは「言葉足らずで誤解を生んでしまっているので補足させてください」とつづり、「運営に確認を取ったところ『AKB48グループに恋愛禁止のルールはなく、メンバーそれぞれが自覚を持って活動することで成り立っている』とのことでした」「恋愛を解禁すると受け取られるような発言をしてしまい、申し訳ございません」と謝罪しました。
 

ファンからは、「じゃあなんで、過去に恋愛スキャンダルされたメンバーは卒業(解雇)させられたんですか?」「運営と本人に任せた方がいい 本人も触れてないし総監督だからと発信するのは違う」「『恋愛は自由だけどアイドルとしての自覚を持って恋愛してね!』ってこと?自覚がないから週刊誌に撮られたのでは?なんかもうAKB48って滅茶苦茶ですね」など、厳しい声が寄せられさらなる波紋が広がっています。
 


一方、渦中の岡田さんは19日に「オンラインお話し会」を開催したことをファンへ報告。「悲しい 卒業してからにしてほしかった」「叩かれてるみたいだけど、俺は1ミリも気にしてない」「なぁちゃんは自慢の推し」など、多くの反響を呼んでいました。
 


>次ページ:向井地さんの投稿をもっと見る
 


【おすすめ記事】
元乃木坂46・斉藤優里の泥沼“W二股”報道にファンから“失望”の声殺到! 「乃木坂に泥を塗るのはやめて」「二股はアカンすよ」
AKB48・岡田奈々、新曲に4人選抜で“ゆうなぁもぎおん”ショット披露! 「最高かよ」「エモすぎ」
AKB48「歴代最強センター」ランキング! 前田敦子と大島優子、1位はどっち? 450人の男女に聞いてみた
歴代AKB48「好きな神セブン」ランキング! 2位「前田敦子」を抑え、1位に輝いたのは?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」