令和の「ルーズソックス」がワークマンから登場。クシュクシュっとはきこなせば足首あったか

ワークマンで人気の防寒対策グッズ。アウターが人気になることが多いのですが、実はソックス類も充実しているんです。なんと今シーズンはブーム再燃中の「ルーズソックス」が登場。クシュクシュっとはきこなせば、足首が暖かく、使いやすさ満点です。2カ月使った感想とともにおすすめポイントと注意点を紹介していきます。

ワークマンの「ルーズソックス」(画像は全て筆者撮影)

ワークマンでは防寒対策としてアウターが人気になることが多いのですが、実はソックス類も充実しています。メリノウールを使ったソックスは有名ですが、実は「レディースアンゴラウールルーズソックス(以下、ルーズソックス)」も使いやすさ満点です。2カ月ほど使った感想とともに、おすすめポイントと注意点を紹介していきます。

 

昔流行した「ルーズソックス」とは違うイメージ

ゆったりめで、リラックスして使える

「ルーズソックス」と聞くと、どうしてもボリュームたっぷりのソックスをイメージしてしまう筆者……。おそらく1990年代後半のブームを知るアラフォー世代は同じだと思います。でもワークマンの「ルーズソックス」は、ダボダボタイプではなくて、ゆったりとはけるタイプのルーズソックスと思ってよいでしょう。パンツに合わせられるくらいのゆとりがあるソックスです。

 

おすすめポイント1:口ゴム部分に余裕があり、脚に跡がつきにくい

口ゴム部分に締め付け感がない

ソックスをはいていると、脚にゴムの跡がついてしまって、なかなか消えない……。そんな経験をしたことはありませんか? ワークマンの「ルーズソックス」は口ゴム部分にゆとりがあるので、跡問題が起きにくいです。ただしこれは脚の太さや体質などにも関係してくるでしょう。ルーズソックスをクシュクシュとしてはくと、口ゴムが足首に近い場所になるので、跡がつきにくいかと思います。

 

おすすめポイント2:アンゴラ混で柔らかい生地。それでも199円

ワークマンの「ルーズソックス」はアンゴラ混

ワークマンの「ルーズソックス」の素材は、ポリエステル、ナイロン、アクリル、アンゴラ、ウール、その他と書かれています。アンゴラが入っているので、生地はふんわりで柔らかめです。

 

ワークマンの「ルーズソックス」は199円

アンゴラが入っていると値段も高くなることが多いのですが、ワークマンの「ルーズソックス」は199円(税込)。値段の安さもワークマン商品の魅力です。

 

おすすめポイント3:足元を包んでくれて暖かい

たるませて足首近くを保温

ふんわりとした生地で足元を包んでくれるので、はいていると暖かさを感じます。また長めのソックスなので、すねの途中まで上げることができます。筆者は足首を冷やしたくないので、クシュクシュとたるませて足首を保温することもありますよ。全体的に若干厚手になっているので、もしかしたら普段履いている靴ではきつく感じるかもしれません。

 

おすすめポイント4:生地に多少厚みがあり穴は開きにくい

生地が厚めなので、穴は開きにくそう

筆者はもう2カ月ほど、1日おきくらいにワークマンの「ルーズソックス」を使っています。これをはいて買い物にも行きますし、散歩をすることもあります。ソックスは穴が開いてしまうのが気になるのですが、今のところ穴が開く気配はありません。

 

毛玉ができてしまう

ある程度使うと毛玉ができてしまう

ソックスには毛玉ができにくいタイプもありますが、ワークマンの「ルーズソックス」に関しては、できやすい方だと思います。先ほど2カ月ほど使っていると書いたのですが、毛玉がついてしまいました。靴と擦れてしまう足の甲やアキレス腱あたりは、特にできやすくなってしまいます。199円なので気軽に買い換えてもいいのでしょうけれど、穴も開いていないし、お気に入りの色だし……と考えると、まだまだ使っていきたいと思えてしまいます。
 

ワークマンの「ルーズソックス」、筆者はキイロを書いました。他にブラック系、ブラウン系、カーキ系、ラベンダー系、ホワイト系があります。価格は199円(税込)。色違いで持っているとコーディネートの幅が広がりそうですね。
 

【おすすめ記事】
ワークマン「DFBスリッポン」のぬくぬく感がたまらない! W発熱シートで足元あったか
ワークマンの「フェイクファーミトン」がふんわりかわいい! 指出しでスマホ操作もOK
ワークマンに見えない!? かわいすぎる「スヌード」、フェイクファーとニットの切り替えでおしゃれ&あったかを実現
ワークマンのふんわり「ティペット」が激かわ! 780円とは思えない高見え度
ファミマのソックスが700万足突破! 何がそんなに良いのか? 人気の「ラインソックス」で考えてみた

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは