ワークマンの「フェイクファーミトン」がふんわりかわいい! 指出しでスマホ操作もOK

ワークマンから登場したとってもかわいいいフェイクファーアイテムのシリーズはまとめ買いもおすすめ。その中から今回レビューするのは「フェイクファーミトン」です。フワフワモフモフのフェイクファーミトンで、寒い冬を乗り切っていきましょう!

ワークマンの「フェイクファーミトン」(画像は全て筆者撮影)

ワークマンからとってもかわいいフェイクファーアイテムが、シリーズで発売になりました。あまりのかわいさにまとめて買ってしまったのですが、その中から今回は「フェイクファーミトン」をご紹介します。実際に使ってみたので、早速レビューしていきましょう。

 

ファイクファーで、ふんわりかわいい

ふんわりのフェイクファー

「フェイクファーミトン」には、その名の通りフェイクファーが使用されています。柔らかい素材で肌触りは滑らかです。見た目がふんわりとしていて、とてもかわいらしいですよね。

 

ふんわりしているからこそ、ボリュームも出てくる

この「ふんわり」があることで、少々ボリュームも出てきます。使わない場合はバッグやアウターのポケットに入れることになりますが、もしかしたら入れにくさを感じてしまうかもしれません。

 

内側はフリース素材で暖かい

内側はフリース素材

「フェイクファーミトン」の内側はフリース生地になっています。厚手で暖かさもありますよ。冷えやすい指先の方までしっかり保温してくれます。

 

指先を出せるから、スマホの操作も可能

「フェイクファーミトン」は指先が出る

フェイクファーを使用したミトンでは、スマホの操作ができない……。そう思いがちですよね。ですが指の付け根あたりに切れ目があって、指を覆う部分を折り曲げることができます。そうすると指先が出るので、スマホやタブレットなどの操作にも支障はありません。

 

手首にフィットで、スースーしない

手首部分はニット素材でフィット感あり

筆者が手袋を選ぶときに重視するのは手首へのフィット感です。隙間ができてしまうと冷気が入り込んでしまって、スースーと寒いのです。これがとても嫌なので、手首にどれだけフィットするのかは重要項目。「フェイクファーミトン」の場合、手首部分がニット素材になっていて、しっかりとフィットしてくれました。手首の太さにもよりますが、手首の保温もしっかりできそうです。

 

ボタンはあるけれど……

先端にゴムが付いている

「フェイクファーミトン」の特徴の1つは、指先部分をボタンで留められること。指先にゴムが付いていて、ボタンに引っ掛けるようにして留めます。

 

指先部分を固定できる

そうすることで使っているときに指先部分がプラプラと動いてしまうのを防げるのですが、「フェイクファーミトン」を手にはめたままでは、ゴムをボタンに引っ掛けるのが難しいのです。ゴムが思うように伸びず、かなり苦戦をしてしまいました。もし指先部分を固定するならば、「フェイクファーミトン」を外した状態の方がしやすいです。でも、そのためにわざわざ外すのはちょっと面倒。これが「フェイクファーミトン」の難点と感じました。
 

ワークマンの「フェイクファーミトン」は780円(税込)です。筆者が購入したのはグレー系ですが、他にブラウン系とオフホワイト系があります。フワフワモフモフのフェイクファーミトンで、寒い冬を乗り切っていきましょう!
 

【おすすめ記事】
ワークマンに見えない!? かわいすぎる「スヌード」、フェイクファーとニットの切り替えでおしゃれ&あったかを実現
ワークマンのふんわり「ティペット」が激かわ! 780円とは思えない高見え度
ワークマン「DFBスリッポン」のぬくぬく感がたまらない! W発熱シートで足元あったか
ワークマンで発見! ふんわり着心地「ワッフルクルーネック」おすすめポイント6つ
ワークマンの「フリースグローブ」は散歩にガンガン使える! 3つのおすすめポイントは?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた