ワークマンに見えない!? かわいすぎる「スヌード」、フェイクファーとニットの切り替えでおしゃれ&あったかを実現

ワークマンから、とってもかわいいスヌードが発売されています。フェイクファーとニットを使った切り替えデザインで、頭からすっぽりかぶれば風が吹いても外れてしまうことはない便利な防寒アイテムです。早速「フェイクファー切り替えニットスヌード」をレビューしていきましょう。

ワークマンの「フェイクファー切り替えニットスヌード」(画像は全て筆者撮影)

「ワークマンらしからぬ」と言ったら怒られそうですが、とってもかわいいスヌードが販売されています。フェイクファーとニットを使った切り替えデザインで、頭からすっぽりかぶればおしゃれな小物になりますね。早速「フェイクファー切り替えニットスヌード」をレビューしていきましょう。

 

フェイクファーがふんわり!

ファー部分はポリエステル100%、ニット部分はアクリル100%

「フェイクファー切り替えニットスヌード」にはフェイクファーが使用されています。素材を詳しく見ると、ファー部分はポリエステル100%、ニット部分はアクリル100%となっています。

 

フェイクファーは滑らかな肌触り

フェイクファーは毛足が長くて、滑らかな肌触り。とてもふんわりとしています。このようなフェイクファーは、使っているときに毛が抜けることがあり心配ですが、試着の段階では特に気になりませんでした。

 

ニット部分はざっくり編み目

ニット部分は、ざっくりとした編み目になっている

ニット部分は比較的ざっくりとした編み目になっています。こちらはふんわりとした感触ではありません。毛足がほとんどないので、毛玉はできにくいかなと思いました。また肌に当たってもチクチクしませんでした。寒いとスヌードに顔を埋めたくなるので、肌触りという点でも安心して使えそうです。

 

すっぽりかぶるだけでOK。無造作加減がいい

頭からすっぽりかぶればOK

スヌードは頭からすっぽりかぶるタイプの防寒アイテムです。首に巻くマフラーとは違い、無造作にクシュっと身に着けるだけでおしゃれに見えてしまいますよね。

 

風が吹いても外れてしまうことはない

マフラーのように風が吹くとなびいてしまって外れるようなことがありません。これを直すのは意外とイライラすることなんですよね。それがないのはスヌードのメリットの1つでしょう。

 

難点は持ち歩きや保管

ワークマンの「フェイクファー切り替えニットスヌード」はかわいらしくて暖かい、寒くなるこれからの季節に最適な防寒アイテムです。1つ注意したいのが、持ち歩きや保管をする場合。スヌードはひねってあるので、コンパクトに畳むことができません。ふんわりとしてしまうので、バッグなどに入れると場所を取ってしまうのです。それは保管も同じ。クローゼットの中に引っ掛けるならよいでしょうけれど、引き出しに入れるとなるとちょっと窮屈かもしれません。この点は各々が工夫をすることになりそうです。
 

「フェイクファー切り替えニットスヌード」は3色展開です。筆者が購入したのはホワイト系。他にグレー系とブラウン系がありますよ。ホワイト系はファンデーションが付くことが気になってしまうので、正直悩みました。でも顔が明るく見えそうなので、こちらをチョイス(実は「フェイクファーティペット」も持っていて、こちらはグレー系)。価格は980円(税込)です。さっとかぶればおしゃれに見えるスヌード、ぜひ店舗でゲットしてみてくださいね。
 

【おすすめ記事】
ワークマンのふんわり「ティペット」が激かわ! 780円とは思えない高見え度!
モサモサフリース! ワークマンの「オールファーグローブ」がかわいらしくて機能的
お尻まですっぽり! ワークマン「防風パッチワークノーカラーロング」が、かわいいもこもこ素材で機能性も◎
大人気! ワークマンの「ダイヤフリースカーデガン」に新色登場。3着所有の愛用者が熱く魅力を語り尽くす
ワークマン「DFBスリッポン」のぬくぬく感がたまらない! W発熱シートで足元あったか

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは