大人気! ワークマンの「ダイヤフリースカーデガン」に新色登場。3着所有の愛用者が熱く魅力を語り尽くす

2021年にワークマンから発売され大人気となった「レディースダイヤフリースカーデガン」。2022年も新色を伴って発売されています。2021年に1着購入し、2022年は追加で2着購入してしまった筆者が、欠点さえもプラスに捉え、熱く熱く魅力を語り尽くします。

「ダイヤフリースカーデガン」を色違いで3着所有(画像は全て筆者撮影)

2021年にワークマンから発売され大人気となった「レディースダイヤフリースカーデガン(以下、ダイヤフリースカーデガン)」。2022年も新色を伴って発売されています。筆者は販売当初に1着購入したのですが、今回も追加で2着購入してしまいました。合計で3着持っているわけですが、何が魅力なのか、この記事で紹介していきます。

 

「ダイヤフリースカーデガン」の魅力1:生地がふんわりしている

「ダイヤフリースカーデガン」のフリース生地はふんわりしている

ワークマンの「ダイヤフリースカーデガン」は、表地がダイヤのような模様になっているフリース生地です。触ってみるととても柔らかくて、思わず頬をすりすりとしたくなってしまいます。袖と前身頃の表と裏にダイヤフリース生地が使用されています。
 

これだけふんわりしていると毛が抜けてしまうのでは? と気になりますが、実際に使うと抜け毛はほとんど気になりません。洗濯をしても、毛が他の服に付いてしまうことはありませんでした。

 

「ダイヤフリースカーデガン」の魅力2:色がかわいらしい

2022年の「ダイヤフリースカーデガン」の色展開は5色です。ダイヤダルピンク、ダイヤダルグレー、ダイヤダルカーキは昨年もあったカラーで、ダイヤトープとダイヤグレージュは2022年の新色です。

2021年に購入した、ダイヤダルグレー

筆者は2021年にダイヤダルグレーを購入しました。

 

ダイヤダルピンクは、2022年に購入​​​

そして2022年はダイヤダルピンクとダイヤグレージュを購入しています。ダイヤダルピンクは、もともと筆者がピンクが好きという理由で選びました。

 

2022年に購入したダイヤグレージュ

ダイヤグレージュは柔らかい色合いで、持っている服に合わせやすいなと思い購入しました。
 

筆者が利用する店舗ではダイヤトープがすぐに売り切れてしまったそう。新色ということもあり、人気色になっているようです。

 

「ダイヤフリースカーデガン」の魅力3:裏アルミプリントで真冬でも暖かい

「ダイヤフリースカーデガン」にも裏アルミプリントが使用されている

ワークマンの冬物衣類では、裏アルミプリントが使用されていることが少なくありません。これは遠赤外線を放射するもので、「ダイヤフリースカーデガン」では背中部分に使用されています。そのため着ていると、だんだんと背中がぽかぽかしてきます。
 

アルミプリントの場合、強い摩擦や、汗や雨などで長時間湿った状態で保管すると、はく離や変色の恐れがあります。また金属アレルギーの人は着用しないようにしましょう。

 

「ダイヤフリースカーデガン」の魅力4:丈夫で長持ち

1年ほど使用しているが、袖口のフリースもふんわり

筆者が2021年に購入した「ダイヤフリースカーデガン」のダイヤダルグレーは、冬場から春先までヘビーに使っていたのですが、目立つ傷みがありません。

 

裏アルミプリントも破れることはなかった

例えばフリース生地がはげてしまったり、アルミプリントが破れてしまったりすることがないのです。フリース生地は柔らかいのですが、繰り返される洗濯にも耐えられるほど丈夫です。これはアルミプリントも同じです。価格は1900円(税込)とお手頃なのですが、この丈夫さから考えるとかなりのコスパの良さがうかがえます。

 

襟やフードが無い分、首元がスースーしてしまう

首元はスースーと寒くなることもある

「ダイヤフリースカーデガン」の欠点は何? と聞かれたら、襟が無いことだと筆者は思っています。どうしても首元がスースーしてしまうので、冬場は下にハイネックのトップスを着たり、ネックウォーマーを使ったりすることになってしまいました。でも襟が無い分、首元がスッキリするのは事実。タートルネックのニットを着ても、首元がきれいに見えます。ネックウォーマーも形を整えやすいです。襟が無いことをプラスに捉えるのか、それともマイナスに捉えるのかは、どんな服を合わせるのかで違ってくるのかもしれません。
 

ワークマンの「ダイヤフリースカーデガン」は、女性らしいふんわり感があるカーデガンです。色合いも優しい印象ですから、暗くなりがちな冬物衣料に加えるのもおすすめです。色違いで持つとコーディネートの幅も広がりそうですね。
 

【おすすめ記事】
ワークマンの「裏アルミカーディガン」は、汗をかくほどの保温力。真冬の必需品になる予感
ワークマンにハマった主婦が2021年に買った「コスパ最高アイテム」ベスト3
大人でも着られる「ワークマン」のジュニアサイズ。裏アルミベストがとても重宝する5つのポイント
ワークマンで発見! ふんわり着心地「ワッフルクルーネック」おすすめポイント6つ
ワークマン「DFBスリッポン」のぬくぬく感がたまらない! W発熱シートで足元あったか

【関連リンク】
ワークマン

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応