ヒカル&コレコレの豪華対談もグダグダ司会者に非難殺到。「僕とコレコレさんの無駄遣いでしょ」ヒカルもブチ切れ

配信者のコレコレさんが11月15日、自身のYouTubeサブチャンネルで生放送を実施。この日のメインコンテンツだったヒカルさんとの対談が、司会者の対応を巡り炎上に発展。「つまんない」「残念なコラボ」と散々な結果となりました。

配信者のコレコレさんが11月15日、自身のYouTubeサブチャンネルで生放送を実施。メインコンテンツであったヒカルさんとの対談が、司会者のぐだりっぷりなどで炎上し、話題を呼んでいます。
 

「こんなしょーもない話し聞きに来たんじゃない」


23時頃から始まったこの対談。2021年10月8日に発売されたコレコレさん著『告発 誰も晒せなかったSNSのヤバすぎる闇(以下、告発)』(宝島社)の文庫本が2023年1月に発売される予定で、そこにこの対談内容が収録されるため実現したとのことです。司会者は文庫本に携わる関係者が務めたものの、司会者なのにちゃんと進行しないなど、開始早々にリスナーらから「司会者いらない」「企画下手すぎ」と、非難の雨嵐に……。
 

対談では「炎上はなぜ起こるのか?」「炎上後の正しい対応について」など、“炎上”にまつわるトークを展開。ところが、内容の薄さや司会者の段取りの悪さ、配慮に欠けた発言などでリスナーらの怒りが爆発し、まさかの司会者が炎上する始末に。司会者から「YouTuberとファン、ちょうどいい距離感とは」と聞かれたヒカルさんは、「何が聞きたいの?」「僕とコレコレさんの無駄遣いでしょ」とブチ切れるシーンもありました。
 

リスナーらも「無礼過ぎ」「司会者の言葉選び」「司会者のせいで頭入らない」など、非難の声がチャット欄に殺到。「残念なコラボになった」「くだらないよ質問」「こんなしょーもない話し聞きに来たんじゃない」と、辛辣(しんらつ)な声もあふれました。
 

最後にこの対談内容が文庫版に収録されると知ったヒカルさんは、「おもんなすぎでしょ センスなさすぎでしょ 何やってんすか」「僕とかコレコレさんのこと知らなすぎるんで ちゃんと知ってからリサーチしてからやらないと 仕事の手抜き感すごいっすよ」と、公開説教まで始まる事態に。コレコレさんからは「ヒカルさんね、後味悪いんでね、僕とヒカルさんといったらスマブラなんで」と、スマブラ対決を申し込み、1勝1敗の引き分けに。コレコレさんも試合を盛り上げ、どうにかその場を収めました。
 

波乱の対談が収録される『告発』(宝島SUGOI文庫)の文庫本は、大幅に加筆修正されて2023年1月に発売予定とのこと。現在、Amazonでも予約受付中です。今回の“炎上対談”の詳しい内容を知りたい人や、文庫本が気になる人は、ぜひ、コレコレさんの動画と概要欄をチェックしてください。
 

12日のYouTube Liveでは、「コレコレ」で検索するとヒカルさんの記事が大量にヒットすることに対し、イメージ低下による関連企業先の経済損失が大きいとして「犯罪以外取り上げないでくれ」と連絡を受けたことを明かしていたコレコレさん。今回の件でヒカルさんの願いは遠のいてしまったかも……しれません。
 


>次ページ:ヒカルさん&コレコレさんの投稿をもっと見る!
 


【おすすめ記事】
コレコレ、日本最大級のローカルクチコミサイト「爆サイ」管理人総選挙で圧倒的1位に! 超高額時給“10万円”で初代管理人に就任
「僕が悪かった」ヒカル、コレコレ生放送で女性YouTuberとのスキャンダル露呈。暴露理由は「もう会わないと思ったから」「恨みはない」
YouTuberしんやっちょのYouTubeチャンネルが“完全削除”でアカウントBAN”に。「生配信もう二度とやりません」
晒し系配信者ポケカメンが歌い手グループ「いれいす」リーダー・ないこらを暴露。動画編集者らが怒りの声を上げた約4時間半の長尺配信
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化