Netflixで見られる「最終回が納得できなかった韓国ドラマ」ランキング! 『恋するアプリ Love Alarm』を抑えたTOP2は?

Netflixで見られる「最終回が納得できなかった韓国ドラマ」ランキング! All About編集部が実施した「Netflixで見られる韓国ドラマ」についての独自アンケート調査結果から、数ある韓国ドラマの中でも、“最終回が納得できなかった”と思う作品ランキングを発表します。

画像出典:Netflix

All About編集部では、全国の10〜60代の男女386人を対象に、「Netflixで見られる韓国ドラマ」についての独自アンケート調査をインターネット上で実施しました(調査期間:9月22日〜11月8日)。その中から今回は、Netflixで見られる「最終回が納得できなかった韓国ドラマ」ランキングを発表します!

>8位までの全ランキング結果を見る
 

第3位:『恋するアプリ Love Alarm』

第3位は、『恋するアプリ Love Alarm』。自分に思いを寄せている人が近づいたらアラームが鳴るアプリが開発され、翻弄(ほんろう)される男女の恋愛模様を描いたドラマ。主人公のキム・ジョジョ役をキム・ソヒョンが演じています。

回答者からは、「推してる人じゃなくて別の人と恋に落ちたから(23歳女性)」「最後はこのふたりが結ばれて欲しかった!と思ってた結末と違ったので(29歳女性)」「結ばれて欲しい人と結ばれなかったからです(27歳女性)」など、望んでいた相手と結ばれなかったからという声が多数寄せられました。

さらに、「続きがありそうな感じがしてなんとも腑に落ちない終わり方をしたからです(20歳女性)」「最後まで、もやもやしてすっきりしなかったため(29歳女性)」「シーズン1の最終回の部分がなぜか中間の話で終わってしまった感じがあって気に入らなかったこととその後出たシーズン2の結末が気に入らなかったため(20歳女性)」など、シーズン2の最後でもモヤモヤした終わり方だったというコメントも寄せられました。
 

第2位:『梨秦院クラス』

第2位は、『梨秦院クラス』。韓国の飲食業界でトップを目指し、巨大な権力に立ち向かう主人公のパク・セロイ役をパク・ソジュンが演じています。セロイの初恋の相手であるオ・スアや、セロイをいちずに愛するチョ・イソとの恋愛模様も物語の見どころです。

回答者からは、「殴り合いの決着だったからです(33歳男性)」「最後は結局暴力か…と思ってしまいました(29歳女性)」「なぜ最後に傷だらけになりながら戦っていたのかがあまりよくわからなかったから(26歳女性)」など、殴り合いで終わったことに納得できないとの声が多数寄せられました。

さらに、「主人公がなかなかヒロインを決め切らずにいたため(27歳男性)」「そっちとくっ付くのか…とガッカリしました(32歳女性)」「セロイがイソでなくスアとくっついてくれた方が、長年のピュアな愛を貫いたことになったのに、と思ったから(36歳女性)」など、恋愛での結末にモヤモヤが残ったという声も多くありました。
 

第1位:『イカゲーム』

第1位は、『イカゲーム』でした。同調査の「人におすすめしたい韓国ドラマランキング」では3位にランクインし、シーズン2の制作も決定している世界的大ヒット作品。“子どもの遊び”を用いた過酷なサバイバルゲームを描いたドラマです。

回答者からは、「伏線を回収していない(42歳男性)」「いかにも続編がでる終わり方が何かもやもやして、納得いかなかった(47歳男性)」「あ、これで終わり?と思ってしまうような最後でした(28歳女性)」など、伏線を回収できていないという声が多く寄せられました。

さらに、「主人公が最後髪を染めているのが謎でした(23歳女性)」「髪を染めた理由が謎だし、誰も幸せになっていない(43歳女性)」「最後リタイアしたのが気に食わない(24歳女性)」「最終話で主人公が赤髪にした理由も大金手に入れたのにパーっと使わなかったのもよくわかりませんでした(25歳女性)」など、最後の主人公の行動が理解できないという声も寄せられました。


>8位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
Netflixで見られる「イマイチだった韓国ドラマ」ランキング! 2位『わかっていても』を抑えた1位は?
Netflixで見られる「日本版でリメイクしてほしい韓国ドラマ」ランキング! 2位『愛の不時着』、1位は?
Netflixで見られる「好きな韓国ドラマ」ランキング! 『キム秘書はいったい、なぜ?』を抑えたTOP2は?
Netflixで見られる「泣ける韓国ドラマ」ランキング! 2位『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』1位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在