意外と知らないグルメのひみつ 第14回

【ジブリ飯を完全再現】 昭和レトロな味! 『となりのトトロ』の「サツキのお弁当」を作ってみた

スタジオジブリの代表的作品『となりのトトロ』から、サツキが作るあのお弁当を再現! 簡単レシピで、昭和レトロ感のあるお弁当を作ってみました。映画の通り、3つ分一緒に作るのも楽しいですよ!

11月1日、ファン待望の「ジブリパーク」が愛知県長久手市の愛・地球博記念公園内に開園したことで、改めて注目を集めている「ジブリ作品」。ストーリーの面白さやキャラクターの愛らしさもさることながら、おいしそうな食事シーンに思わず見入ってしまいますよね。自分でも作ってみたい、食べてみたい! と、ファンからは「ジブリ飯」として親しまれています。
 

今回は国民的アニメ映画『となりのトトロ』から「サツキのお弁当」をグルメライターが再現! 簡単に作れるレシピで紹介します!
 

老若男女に愛される国民的アニメ映画

画像出典:(c)1988 Studio Ghibli

1988年の公開以来、長きにわたり愛され続けている『となりのトトロ』。母の療養のため、自然豊かな土地に引っ越してきた姉妹・サツキとメイが、不思議な生き物「トトロ」と出会うファンタジー・アニメです。

2人が初めて一緒にトトロと出会うバス停のシーン、トトロのおなかにしがみついて“風”になるシーン、ネコバスの毛の温かそうな描写……。子どもだけでなく大人も童心に帰れる面白さが詰まっています。
 
画像出典:(c)1988 Studio Ghibli


時代背景は1960年前後。調べてみると、この頃は冷蔵庫や洗濯機などの家電が発売され始めた時期のようですが、サツキとメイの新たな住まいは“お化け屋敷”と呼ぶほど古くてボロいんですよね。

かまどで白米を炊き、七輪で魚を焼き……と、朝ごはんとお弁当を手際よく準備していくサツキ。今回作る「サツキのお弁当」はこのシーンを参考にしました。

たっぷりのごはんに梅干しをのせ、めざしと思われる小ぶりの魚と緑の豆、桜でんぶをのせています。豆はさやえんどうでも良さそうですが、より簡単に作るため、今回は冷凍枝豆を活用します!

 

となりのトトロ「サツキのお弁当」再現レシピ


■材料(1人分)
・ごはん:お茶碗1杯分(180~200g)
・めざしの干物:1本
・梅干し:1個
・桜でんぶ:大さじ1程度
・冷凍枝豆:50g
 
A(枝豆味付け用、分量外)
・白だし:小さじ2
・水:小さじ2
 
・アルミ弁当箱(450mL)
 
■作り方

1:冷凍枝豆は軽くゆでてさやから取り出し、Aの調味料をボウルに合わせて浸しておきます。
 

2:めざしの干物は魚焼きグリルやトースターで両面焼き目が付く程度に焼きます。
 
このお弁当箱(幅約10cm)だと、めざしの尾がはみ出てしまう痛恨のミス……! 尾はハサミで切り落としました。

3:続いてはお弁当箱の盛り付けです。全体の8分目程度までごはんを盛り付け、真ん中に【2】で焼いためざしを1本置きます。
 

4:お弁当箱の奥側に、ごはんにうずめるように梅干しを置きます。続いて手前の左側に【1】の味付け枝豆をのせます。
 

5:最後に、枝豆の隣に桜でんぶをまんべんなく広げたら完成です!
 

これはサツキがメイに「自分で包んでね」と渡すシーンを再現。

 
映画の通り、お父さんのお弁当にはめざしを2本。

お父さんとサツキ、メイの3人分を作ってみると予想以上にごはんが必要に……! 合計で2.5合分くらい使いました。
 
めざしのワタの苦みと、桜でんぶの甘み、枝豆の塩気でごはんが進むお弁当になっています。イマドキのお弁当とはまた違った雰囲気の、昭和レトロなお弁当。手に入りやすい材料ばかりなので、ぜひ作ってみてくださいね。


【おすすめ記事】
【祝!ジブリパーク開園】食べてみたいアニメ飯1位『崖の上のポニョ』のハムラーメンを再現してみた
地球屋のおじいさんの味…! 『耳をすませば』の「鍋焼きうどん」を再現した簡単レシピ【ジブリ飯】
「ジブリパーク」11月1日にいよいよオープン! 写真多めでよく分かる、パークの魅力と楽しみ方
ジブリ作品で「好きなヒロイン」ランキング! 3位「シータ」、2位「キキ」、圧倒的人気の1位は?
Z世代が食べてみたい「アニメ飯」ランキング! 『ONE PIECE』ルフィの“骨つき肉”を抑えた1位は?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」