テイクアウトがおいしいと思う「うどんチェーン店」ランキング! 3位「なか卯」、2位「はなまるうどん」、1位は?

All About編集部は2月3~15日、うどんチェーンに関するアンケート調査を実施。テイクアウトがおいしいと思う「うどんチェーン店」ランキングで1位に選ばれたのは?

テイクアウトがおいしいと思う「うどんチェーン店」ランキング(画像はイメージ)

最近ではうどんのテイクアウトでも、事前にネットから注文・店舗で受け取れるシステムが普及しています。さらにデリバリーシステムの利用も広まり、時短かつ、お店の味を自宅で手軽に味わえると、好評です。
 

All About編集部では10月17~31日、389人を対象にうどんチェーンに関するアンケート調査を実施。今回はその中から、テイクアウトがおいしいと思う「うどんチェーン店」ランキングを紹介します。
 

>5位までの全ランキング結果を見る

 

第3位:なか卯

3位は、丼ぶりと京風うどんが自慢の「なか卯」でした。「なか卯」のうどんは全メニューテイクアウトOK。うどんの定番「釜玉うどん」や天かすとネギのハーモニーが人気の「はいからうどん」、ボリュームたっぷりの「牛肉うどん」など、看板メニューも自宅でゆっくりと味わうことが可能。電話はもちろん、Webからの予約も可能で、待たずに商品を受け取れます。さらにウーバーイーツでの注文もできるので、忙しいときも家にいながらおいしいうどんを食べることができると好評です。
 

「料金も安くてお手頃で便利だから」(新潟県、40代男性)、「テイクアウトしても不味くならない」(大阪府、20代女性)、「テイクアウトのスピードがはやく、家についても温かいことが多く、美味しい」(三重県、20代男性)などの回答が寄せられました。

 

第2位:はなまるうどん

2位にランクインしたのは、全ての商品がテイクアウト可能な「はなまるうどん」。気軽に本場讃岐のうどんを味わえると人気のチェーンです。その味を家でのんびり楽しみたい! という人も、簡単にLINEから注文、QRコード決済やクレジットカードで支払うことができます。その他、d払いでの注文もでき、dポイントをためる・使うことも可能。季節に合わせた期間限定メニューや、王道の定番メニューのかけうどん系、ぶっかけ系など、気分によってチョイスできるメニューの豊富さもうれしいですね。
 

回答理由に「メニューも充実していますし、テイクアウトでも、様々なうどんが楽しめると思ったからです」(静岡県、30代女性)、「元々の味が美味しく、時間が経っても大丈夫だから」(広島県、20代女性)、「コスパもいいし、美味しいし、言うことないです!」(大阪府、30代女性)などが挙げられました。

 

第1位:丸亀製麺

1位に選ばれたのは、もちもちつるっとした打ち立てうどんが自慢の「丸亀製麺」でした。100%国産小麦のみを使用し、歯応えや喉越しを安心して味わえると好評のチェーン店。丁寧に引かれただしは、うどんのおいしさを最高に引き出します。そんなプロがこだわりぬいて作った1杯を、自宅で気軽に味わうことが可能。家族でゆっくり楽しみたい、家でくつろぎながら食べたい、という人にもうってつけです。また、自慢の天ぷらもテイクアウトOK。うどんとも相性バッチリ、サクサクの天ぷらを、評判のだしと共に味わってみては?
 

回答では「天ぷらが冷めても美味しいから」(宮城県、30代女性)、「テイクアウトしても、うどんのコシが変わらないため美味しい」(岐阜県、30代女性)、「テイクアウトでも店内で食べるのと同等のクオリティだから」(岩手県、30代女性)などの声が聞かれました。
 

>5位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
「好きなうどんチェーン店」ランキング! 3位「なか卯」、2位「はなまるうどん」、1位は?
コスパが良いと思う「うどんチェーン店」ランキング! 3位「なか卯」、2位「はなまるうどん」、1位は?
おいしいけど正直「高いな」と感じるうどんチェーン店ランキング! 2位「味の民芸」、1位は?
天ぷらがおいしいと思う「うどんチェーン店」ランキング! 2位「はなまるうどん」を抑えたのは?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは