十分に換気できている人は10%もいない? 「暖房」と「加湿」を両立する、冬場の正しい換気術とは

秋も深まり、寒さが厳しい日も増えてきました。そんな時期に大切なのが、部屋の換気や湿度管理です。パナソニックが公開した「暖房を使いながらの換気法」と「効果的な加湿方法」を紹介します。

秋も深まり、寒さが厳しい日も増えてきました。そんな時期に大切なのが、部屋の換気や湿度管理です。

部屋の換気が重要な季節

パナソニックは11月7日、20~60代の男女550人を対象に行った「2022年 冬の換気・加湿に関する調査」の結果を発表。本記事では、その結果とともに同社エアーマイスターの福田風子さんによる「暖房を使いながらの換気法」と「効果的な加湿方法」を紹介します。
 

換気の頻度が十分な人はわずか9%

冬の換気方法は何か

冬の換気方法で最も多いのは「窓を開ける」(81%)。次いで「換気扇をまわす」(39%)、「家の24時間換気システムを使う」(18%)でした。

換気の頻度はどれくらいか

 

換気の頻度は「1時間~2時間に1回程度」(44%)が最多で、「1日に1回程度」(36%)と続いています。厚生労働省は30分に1回以上の窓開け換気を呼び掛けていますが、実際に実施している人はわずか9%にとどまる結果となりました。

冬の換気を控えてしまうことはあるか

上記の結果から、換気を十分に行っている人は少ないことが想定されます。「冬の換気を控えてしまうことはありますか?」の質問では、75%の人が「(控えてしまうことが)ある」と回答しています。

冬の換気を控えてしまう原因は何か

換気を控えてしまう原因としては、94%の人が「部屋が寒くなる」と答えています。
 

加湿で気になるのは「結露」や「お手入れの手間」

加湿対策として何をしているか

「加湿対策として、何をしていますか?」の質問では、「加湿器を使う」が43%で最多となりました。一方、「特にない」が32%を占めており、特に加湿対策をしていない人も多いことが分かりました。

加湿器使用の際に気になることは
「加湿器使用の際に、気になることは何ですか」という質問では、「結露する」(48%)、「お手入れに手間がかかる」(33%)、「お金がかかる」(14%)が上位となっています(※「特にない/わからない」を除く)。


>次ページ:冬場の効率的な換気・加湿術を解説


【おすすめ記事】
約半数が「換気」を誤って認識している? 「正しい換気」を行うための3つのポイント
冬本番前にやらないと電気代が……! エアコンの“暖房”電気代を節約する5つのポイント
パナソニック、換気もできる新型エアコン「エオリア LXシリーズ」を発表! 乾燥や冷えを抑えた「しっとり冷房」も
175人に聞いた、「電気代の節約方法」ランキング! 2位は「使わない家電のコンセントを抜く」、1位は?

【関連リンク】
プレスリリース
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望