「怒ってる?と聞かれる」「2回目の集まりに誘われない」人見知りで“損をした”と感じるエピソード

All About編集部は、全国の男女361人を対象に「人見知り」に関するアンケートを実施(10月27日~11月4日)。今回は、「人見知りをして損をしたこと」についてのエピソードを紹介します!

All About編集部は、全国の男女361人を対象に「人見知り」に関するアンケートを実施(調査期間:10月27日~11月4日)。本記事では「人見知りをして損をしたこと」についてのエピソードを紹介します。
 

「暗い」や「冷たい」と感じられてしまう……

初対面の人と会うとき、第一印象は強く印象に残りますよね。人見知りが故に、うまく話せずに冷たいと感じられてしまうことが多いようです。
 

「性格が暗いという第一印象で見られるときです」(35歳女性/千葉県)

「冷たい人物と思われていると感じている所です」(50歳女性/熊本県)

「人見知りだから大人しくしていると『大人しい子』という印象しか残らないので毎回自分の印象が薄く様々な面で損をしていると実感しています」(39歳女性/北海道)

「人見知りのせいか度々『怒ってる?』と聞かれます。笑顔でいようと思っているのに顔がこわばってしまうんです」(47歳女性/佐賀県)
 

「2回目の集まりに誘われなかった」人見知りは交友関係が狭くなる⁉

人とコミュニケーションを取ることに苦手意識を持っている人が多く、友達と仲良くなるのに時間がかかり、多くの人と交友関係を築くのが難しいという意見が多く集まりました。

「2回目の集まりに誘われなかった」(40歳女性/北海道)

「連絡先を交換しても、周りは仲良さそうなのに自分だけやり取りが少ないこと」(33歳女性/東京都)

「交友を深められないこと」(29歳男性/北海道)

「相手と親しくなるまでに時間がかかる」(48歳男性/埼玉県)


さらに、恋愛関係に関してもうまくいかないと感じている人が多いようです。

「何も話す言葉が出てこなくてモテないこと」(35歳男性/東京都)

「彼女とかができていないのはそれのせい」(23歳男性/北海道)
 

仕事にも影響を及ぼす人見知り

人見知りが原因で、人と関わる機会が多い職種にいい思い出がないという意見も多く集まりました。人と全く関わらずにできる仕事は数少ないですが、営業職や接客業など、コミュニケーションを取る機会が特に多い職種は避けたいと感じている人が多数いました。
 

「接客とかはつらいですね」(45歳男性/北海道)

「営業で怪しい人に思われる事があるので」(42歳男性/大阪府)

「営業の仕事をしていた時、新規で獲得した顧客を再度訪問するのがとても苦痛で関係を深める事が出来ず苦労した」(26歳女性/福岡県)

「初めての派遣先で、もっと会話ができれば楽しめたかもしれないけど人見知りしてしまって楽しくなかった」(32歳女性/北海道)
 

「自分をさらけ出せないことがつらい」という声も多数

相手のことを過度に気遣ってしまったり、考え過ぎてしまったりすることが多い人見知りさん。自分の思ったことや希望を口に出すことができず、飲み込んでしまう人も多いようです。
 

「皆で何かを選ぶときに、いつも一番最後で残り物になることです」(47歳女性/兵庫県)

「グループで話してる時などに、自分の意見を言えず、後から後悔した」(30歳女性/東京都)

「社交的な友達は、自分のやりたいことをやれてる気がします」(49歳女性/大阪府)
 

“人見知り”とひと口に言っても、特に苦手なことや悩みは人それぞれですよね。社交的な人には、なかなか理解してもらえないことも多いようです。人見知りも、1つの個性として自分自身で認めてあげることも大切なのかもしれません。


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
お金が貯まり、結婚までできた!? 全国361人に聞いた「人見知りで得をしたエピソード」が意外すぎた
「笑点を見て勉強」「イベントスタッフの副業」人見知り克服のために大人が実践している“意外”なこと
人見知りが原因で仕事がつらかったときランキング! 3位 顧客対応、2位 職場に馴染みにくいとき、1位は?
「ウチは学歴重視ですから…」「相槌ひとつ打たない」この会社には入社したくないと思った面接エピソードが衝撃
「人見知りに向いている仕事」ランキング! 2位「データ入力」に圧倒的な差をつけた1位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」