年収400万では将来が不安? 20代男性「自販機より水筒、エアコンよりサーキュレーター」

All About編集部のアンケートで、現在の生活について伺いました。年収400万円。営業事務として働く20代男性(大阪府在住)が語る暮らしのリアルをご紹介します。

20代男性が語る暮らしのリアル(画像はイメージ)

年収400万円。営業事務として働く20代男性(大阪府在住)が語る暮らしのリアルをご紹介します。

 

「結婚して子どもが出来ることを考えると確実に足りない」

All About編集部のアンケートで、現在の生活について以下のように語ってくれました。


「年齢の平均年収を考えても低い方だと思うし、将来結婚して子どもが出来ることを考えると確実に足りていない。奨学金や家賃で半分近くなくなるので、手元に残るお金はもっと少なく、独身だが自由に遊べるとは言えない。貯金もしたいが赤字の月もあるので一年間で10万円貯金できればいい方です。少し前に入社した先輩も余裕はなさそうなので、数年で解決される見込みもなく、不安要素が多い。副業を考えているが本業があるのでなかなか踏み出せていない」と現在の年収では将来に不安があるとのこと。


「そこまで物欲がある方ではないので何とかなっていますが、結婚しても家具などをそろえたりする楽しみも味わえなさそうで不安。仕事自体は医療関係なのでそんなすぐに無くなりはしないと思いますが、元々違う業界にいて転職してきたのでこの業界でやっていけるのか……。職場や仕事内容に不満はないですが、いずれ地元に帰りたいとも思っているので、その要望が通るのか心配な部分はあります。今のところ次の転職は考えていませんが、あと2年ほど働いて30歳の時に考えたい」と、地元へのUターンを計画しているそうです。


一方で「会社の上司はとても良い車に乗っていたり、良い暮らしをしていたりするのでいずれ昇格などすればお金面での不安がなくなるのかなと希望は持っている。また、医療業界で手術に携わる分野なのでそうそうなくなるビジネスではないという部分も安心して働くことは出来る要素ではある。いまは車と奨学金のローンがあるので苦しいが、なくなれば少し楽な生活が出来そうではある」と、昇格による昇給や、奨学金などの返済後に希望を持っているとのこと。


節約術も伺ったところ「まずは基本的に夜ご飯は自炊。自炊といっても冷凍が多いですが、外食と比べれば全然安いので無理ない程度に頑張っています。職場には水筒を持っていくようにして、なるべく自販機やコンビニを使わないようにしている。エアコンもなるべく設定温度は下げて、サーキュレーターを購入したので空気を回している」と答えてくれました。


【おすすめ記事】
年収380万円では同級生と差を感じる? 「いつまで我慢が必要なのか」40代男性が語る暮らしのリアル
年収350万円、20代女性「産休育休のカバーで働くも、給与が見合わない。転職したいが……」
手取り15万円、50代独身男性が語る老後の不安「食料品は少しでも安いものを」
手取り13万円以下の40代女性「出費が増えるから友達を増やさないようにしている」
「手取り20万円」できついと思うこと 3位「イレギュラーな出費への対応」、2位と1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」