Ado、全米“本格進出”にファンから声援が殺到! 「2年目で世界進出は凄すぎ」「きっと大丈夫」

歌い手のAdoさんが20歳を迎えた10月24日、アメリカのゲフィン・レコードとパートナーシップ締結をTwitterで報告しました。同ツイートに200万以上の“いいね”が付けられるなど、「すごい勢い」と大きな反響を呼んでいます。

画像出典:プレスリリース

歌い手のAdoさんが20歳を迎えた10月24日、アメリカのゲフィン・レコードとパートナーシップ締結をTwitterで報告し、大きな話題を呼んでいます。
 

「2年目で世界進出は凄すぎ」


Adoさんはツイートで、「この度、アメリカのゲフィン・レコードとパートナーシップを結びました。アメリカを始め、世界での活動に力を入れていきます。これからの活動を楽しみにしていてください!」と力強いメッセージをファンに向けて送りました。
 

突然の発表にファンからは「2年目で世界進出は凄すぎ」「世界を制覇することを期待」「Adoさんならきっと大丈夫」など、「世界の歌姫、大いなる一歩」を踏み出したAdoさんに声援が殺到しています。記事執筆の26日時点で、同ツイートに227万超の“いいね”が付けられており、反響の大きさがうかがえます。
 

中には「歌い手からシンガーになっちゃうのかー」というファンからの問いかけに、「ずっと歌い手です!」とAdoさんが答えると、ファンの想像を超える規模感の発表だっただけに、「遠くにいってしまったようで」と寂しく感じたファンらから「その言葉は歌い手ファンとしては本当に嬉しい」「涙が止まらない」など、安心と感動の声が多数寄せられました。
 


同日、20歳の誕生日を迎えたAdoさんは別投稿で「こんなにお祝いの言葉をいただけたのは初めて」とつづり、「これからも小さじ1ぐらいでもいいので歌を聴いていただけると嬉しいです。ガンバリマス!」と今後の抱負を語っていました。2020年10月に出した初のオリジナル曲『うっせぇわ』からわずか2年。一体、どこまで飛躍するのか、多くのファンがAdoさんの今後を胸を躍らせながら見守っています。
 


>次ページ:Adoさんの他の投稿も見る!
 


【おすすめ記事】
『うっせぇわ』は“大人”な曲だった?楽曲から垣間見える商業的配慮
2021年カラオケ上半期ランキング! 3位はYOASOBI「夜に駆ける」、2位はAdo「うっせぇわ」、1位は?
2021年3月の流行調査TOP20! 「鬼滅の刃」「うっせぇわ」を抑えた1位は?
元フォーエイト48・音羽、新曲MVの公開とともに音楽活動の再開を発表! ファンからの声援が「再び立ち上がる糧」になった

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」