2021年3月の流行調査TOP20! 「鬼滅の刃」「うっせぇわ」を抑えた1位は?

LINEリサーチが発表した、2021年3月に実施した最新の流行についての調査結果によると、アニメ・漫画でじわじわと話題を集めていた「呪術廻戦」がついに1位を獲得。「Ado/うっせぇわ」が急上昇3位にランクインしました。

LINEリサーチは、最近の流行について、2021年3月に実施した調査結果を発表しました。同調査は、全国の15~24歳男女4507人を対象にインターネットで実施されたものです。
 

1位は「呪術廻戦」! 「うっせぇわ」は急上昇で3位に

「呪術廻戦」が「鬼滅の刃」を抜いて、ついに1位を獲得(出典:LINEリサーチ)

前回2020年12月期の調査で4位だった「呪術廻戦」が、2021年3月期の若年流行調査では1位。アニメ・漫画でじわじわと話題を集め、今回13.8%と大きく躍進しました。急上昇で3位にランクインした「Ado/うっせぇわ」。Adoが18歳で同年代というところも共感を呼ぶのか、楽曲のダウンロード数・動画のPV数も伸び続けています。

2位の「鬼滅の刃」は、前回の圧倒的な1位からは下がったものの、現在も興行収入400億円に届く勢いの社会的大ヒット、「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の次のエピソード、「遊郭編」のアニメ化も決定し、今後も引き続き話題となりそうです。また、10位圏内に入ったのは、前回13位から上昇し7位になった、オンライン人狼ゲーム「Among Us」。2020年6月期は30位以内、12学期は18位だった「YOASOBI」が、さらに順位を上げて10位となりました。
 

11位「PUIPUIモルカー」、19位「優里/ドライフラワー」は新鋭

11~20位は初ランクインも多い(出典:LINEリサーチ)

11位から20位での注目は、3月期で新たにランクインした「PUIPUIモルカー」。羊毛フェルトのキャラクターが出てくる約3分ほどの短編アニメは、TwitterやYouTubeでの再生回数も多く、多くの人の関心を集めました。

19位の「優里/ドライフラワー」も3月期で新たにランクイン。TikTokで流行した「かくれんぼ」のアフターソングで、切ない歌詞や歌声が人気急上昇の理由のようです。

数カ月で変化する若者の流行、3か月後の次回はどんな項目が急浮上しているのか楽しみですね。

【おすすめ記事】
『うっせぇわ』は“大人”な曲だった?楽曲から垣間見える商業的配慮
「鬼滅の刃」登場人物の和柄の名前・意味を和文化研究家が正しく解説!
THE FIRST TAKEはなぜ流行っている?注目のワケとおすすめ動画5選
『鬼滅の刃』ヒットのからくりをイノベーター理論で読み解く
うっせぇわ、きゅんです…SNS発・匿名アーティストが人気のワケ


【関連リンク】
LINEリサーチ

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」