「昔好きだった芸能人YouTuber」ランキング! 2位「手越祐也」、1位は?

All About編集部は10月3~11日、全国10~70代の500人を対象に「YouTuber」に関するアンケート調査を実施。「昔好きだった芸能人YouTuber」で1位に選ばれたのは?

手越祐也さん(画像出典:プレスリリース

近年、大物芸能人も次々に参入しているYouTube。テレビよりも身近に感じられ、より自由に発信できるので、ファンにとってはうれしい現象です。しかし、登録者数や再生回数を維持するのは、たとえ芸能人であっても大変。かつては応援していたのに、飽きて見なくなってしまったという声もしばしば聞かれます。
 

All About編集部は10月3~11日、全国10~70代の500人を対象に「YouTuber」に関するアンケート調査を実施。今回はその中から、「昔好きだった芸能人YouTuber」ランキングを紹介します!
 

>15位までの全ランキング結果を見る

 

3位:二宮和也、中丸雄一、山田涼介、菊池風磨

3位にランクインしたのは、『ジャにのちゃんねる』として活躍中のジャニーズメンバー・二宮和也さん、中丸雄一さん、山田涼介さん、菊池風磨さんでした。普段は異なるグループに所属している4人ですが、実は先輩後輩の枠を越えた仲の良さ。アイドルらしからぬ緩い雰囲気で、一緒に朝ごはんを食べに行ったり、夏休み企画で遠出したりと、プライベートを垣間見るような感覚で、ファンにはうれしすぎる動画をたくさん投稿しています。
 

「アイドルなのにとても面白かった」(東京都、20代女性)、「最初は面白い組み合わせだと思ってたけど、飽きた」(兵庫県、30代女性)、「嵐が好きだったので、どんなものかな?と視聴していました」(奈良県、40代女性)などの回答理由が寄せられました。

 

2位:手越祐也


2位に選ばれたのは、元ジャニーズでNEWSのメンバーだった、手越祐也さん。手越さんはYouTube同時視聴者数で第1位を記録したこともあり、YouTubeを始めた当初の勢いがすさまじかったのです。初配信となった緊急記者会見の動画は1000万回以上再生され、話題となりました。また、持ち前の歌唱力を披露するなど、ファンにはたまらない動画も。しかし最近では、人気のYouTuberとのコラボ動画が増えるなど、行き詰まりを感じ、心配する声も聞かれます。
 

回答では「ジャニーズを退所した直後は話題性もあって面白かったと思う」(神奈川県、50代男性)、「ランボルギーニに乗ったり、芸能人感があって好きでした」(愛知県、20代女性)、「歌が上手いから」(岡山県、30代女性)などの声が聞かれました。

 

1位:中田敦彦

1位に選ばれたのは、チャンネル登録者数400万人を超えるYouTubeチャンネル『中田敦彦のYouTube大学』で活躍中の、中田敦彦さんでした! お笑いコンビ・オリエンタルラジオとして、相方の藤森慎吾さんと共に超売れっ子となった中田さん。現在では家族とシンガポールへ移住し、YouTuberとして活動しています。慶應義塾大学卒という頭脳と持ち前のトーク力を生かし、歴史や宗教解説、文豪小説のまとめなどが好評となっています。しかし、最近では、内容について誤りの多さや信ぴょう性に欠けるなどの声も多くなっています。
 

回答理由に「動画を見ると勉強した気になれて好きでした」(東京都、20代女性)、「学習のノウハウがすごくわかりやすかったからです」(埼玉県、40代女性)「勉強できる企画が多いが、時間が長いためなかなか見れないので見なくなりました」(鳥取県、40代男性)などが挙げられました。
 

>15位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
「チャンネル登録したくない芸能人YouTuber」ランキング! 3位「中田敦彦」、2位「ひろゆき」、1位は?
「昔好きだったYouTuber」ランキング! 3位「ヒカル」、2位「はじめしゃちょー」、1位は?
「好きな芸能人YouTuber」ランキング! 3位「仲里依紗」、2位「江頭2:50」、1位は?
「面白いと思う芸能人YouTuber」ランキング! 「仲里依紗」「江頭2:50」を抑えた1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化