手取り7万円、50代独身女性が語る暮らしのリアル「家族が亡くなった時に生活できるか……」

手取り7万円で実家暮らし。アルバイトで働く50代独身女性(福岡県在住)が語る暮らしのリアルをご紹介します。

実家暮らし、50代女性が語る暮らしのリアル(画像はイメージ)​​​​​​

手取り7万円で実家暮らし。アルバイトで働く50代独身女性(福岡県在住)が語る暮らしのリアルをご紹介します。

 

「不定期な仕事で、月収の差が大きく不安」

All About編集部のアンケートで、現在の生活について以下のように語ってくれました。


「不定期な仕事で、仕事がある時とない時の月収の差が大きく不安を感じています。本業は友人からの依頼でやっており、色々とお世話になっているので辞めるということは考えていませんが、不定期に仕事が入るので、決まった時間のダブルワークができず安定的な月収が見込めていないのが現状です」と、不安定な月収に不安を感じているとのこと。


「実家暮らしのため、固定費の経費は実家頼み。もしも家族が亡くなった時に、自身が仕事ができない(就職出来ない)状況になっている事も考えられ、生活できるかとても不安です。就職活動はネットやアプリで情報収集していますが、年齢制限があってとても難しく感じています。貯蓄は多くない上に、投資するにも資金も知識も必要なので勉強したいと思っているところです。副業で何かできないかと考えていますが、ネット上のサポートは騙されそうで手をつけられない状況です」と、将来にも不安があるとのこと。


今後については「本業以外に、定期的副収入源を得ることが必要だと思っています。クラウドワークスのようなスタイルで、ある程度の金額、かつ定期的に仕事が出来れば理想的です。在宅ワークと本業で、自分でスケジュール管理が出来るようになれば、休みの期間を長く取ったりと自由が利くので、趣味に時間を費やす事ができそうです」と、在宅でのダブルワークを検討しているそうです。
 

節約術も伺ったところ「出来るだけお金をかけないよう、通勤は自転車を利用しています。自転車通勤であれば節約と同時に健康管理も出来て一石二鳥です。また、コロナ禍で外食の回数が減ったこともあり自炊を心掛けています。買い物をこまめに行い、見切り品を利用する事で自身の節約とフードロスにも貢献できるのではと思っています。買い物やサブスクでもコスパが良いものを選ぶように考えています」と答えてくれました。


【おすすめ記事】
年収420万円では旅行さえできない? 50代女性「カフェ代ゼロ」余裕のない暮らしを語る
「手取り20万円」できついと思うこと、2位「貯金ができない」、1位は?
「年収300万円台の職業」ランキング! 2位「サービス・飲食・販売職」、1位は?
夫婦ともに年収350万円以下、生活のリアルを語る「禁欲生活、エアコンは夜の3時間のみ、これ以上何ができますか?」
手取り13万円以下の40代女性「出費が増えるから友達を増やさないようにしている」

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望