ワークマンでおしゃれなボーダープルオーバーを発見! 裏地がブロックフリースで暖かい! 気になる着心地は?

ワークマンで、カジュアルな「ブロックフリースボーダープルオーバー」を見つけました。ただのプルオーバーではなく、裏地がしっかり付いていて、冬の寒さにも太刀打ちできそう。カラーバリエーションが豊富でアクセントになる裏地の色にも注目です。

ワークマンの「レディースブロックフリースボーダープルオーバー」(画像は全て筆者撮影)

ワークマンで、カジュアルなボーダープルオーバーを見つけました。ただのプルオーバーではありません。裏地がしっかり付いていて、冬の寒さにも太刀打ちできそうです。「レディースブロックフリースボーダープルオーバー(以下、ブロックフリースボーダープルオーバー)」のおすすめポイント、そして残念なポイントもレビューします。

 

裏地がフリース。着た瞬間からポカポカしてくる

裏地がブロックになったフリース

「ブロックフリースボーダープルオーバー」の特徴は、何といっても裏地です。細かいブロックになっているフリースが付いているのですが、この生地が思った以上に滑らかです。もちろん保温性はとても高いので着た瞬間に暖かさを感じます。真冬以外であれば、長袖のインナーが不要になるかもしれません。
 

裏地がフリースになると静電気が気になりますが、脱ぐときにパチパチとなることは今のところありません。またインナーに裏地の毛が付いてしまうこともないので、気兼ねなく着ることができています。

 

裏地の色がアクセントに

袖の部分にもフリースの裏地が入っているので、袖を少しまくるとフリースが顔を出してくれます。表地とは違う色合いなので、アクセントになりますね。

 

首元からも裏地がチラリ

また首元から裏地が見えることもあるので、こちらもアクセントになりますね。筆者が購入したのはブラウン×ネイビーで、裏地はピンクのフリースです。一見派手そうに思うのですが、表地のブラウン系とよく合って、きれいに発色してくれます。

 

定番のボーダーでカジュアルに着られる

カジュアルに着られる

ボーダーは定番の柄でもあるので、スカートでもパンツでも合わせやすいですよね。少しカジュアルな印象にはなりますが、コーディネートしやすいと思います。はやり廃りがない柄なので、来年も使えそう。長く使えるのもうれしい点です。

 

価格は1280円。コスパは最高

「ブロックフリースボーダープルオーバー」は1280円で買える

「ブロックフリースボーダープルオーバー」は1280円(税込)です。もともとワークマンの商品は価格が安く設定されていますが、この値段は手が出しやすい価格帯ではないでしょうか。

 

表面は乾きにくさもある

「ブロックフリースボーダープルオーバー」の素材

次はちょっとした注意点を2点紹介していきます。まずは洗濯した後の乾きやすさについてです。裏地はポリエステル95%、ポリウレタン5%なので、洗っても乾きやすいです。でも表地はポリエステル65%、綿35%ということもあって、少し乾きにくさがあります。天気が悪いと、なかなか乾きません。

 

脇の下は乾きにくい

特に脇の下は生地が集まっているので、乾きにくいです。

 

生地に厚みが出てしまう

生地に厚みが出がち

裏地にブロックフリースを使っているので、表地と裏地を合わせると厚みが出てしまいます。普段プルオーバーを1枚で着ていてすっきりとしたシルエットにしたい場合には、この厚みに違和感があるかもしれません。
 

ただニットのようにボリュームがあるわけではありません。例えばアウターを着るときには、あまり影響は出ないと思います。


1280円で買えるワークマンの「ブロックフリースボーダープルオーバー」は色展開も豊富です。筆者はブラウン×ネイビーを使っていますが、他にブラック×アイボリー、グレージュ×アイボリー、アイボリー×ネイビー、グリーン×ネイビーがあります。表地の色にも注目したいのですが、実は裏地の色で購入を決めるのもあり。筆者は裏地がピンクだったからブラウン×ネイビーを選びましたよ。アクセントにもなる裏地ですから、お気に入りの色を見つけてください。
 

【おすすめ記事】
ワークマンの「トラベルシェルピステ」に秋冬バージョンが登場! きれいなシルエットは健在で暖かく
軽い! 暖かい! ワークマンの「ボアフリースカーディガン」はデスクワークからお出かけまで大活躍でコスパも◎
大人気! ワークマンの「ダイヤフリースカーデガン」に新色登場。3着所有の愛用者が熱く魅力を語り尽くす
ワークマンの「裏アルミカーディガン」は、汗をかくほどの保温力。真冬の必需品になる予感
ワークマン「撥水ライトマウンテンパーカーレイン」は機能性とオシャレを兼ね備えたオールシーズン着られる一着
 

【関連リンク】
ワークマン

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望