見渡す限り国宝、国宝、国宝! 史上最強トーハク「国宝展」で見つけた3つの“ときめき”ポイント

日本で最も長い歴史を持つ博物館・東京国立博物館。その創立150年を記念して、前代未聞の展覧会「東京国立博物館創立150年記念 特別展『国宝 東京国立博物館のすべて』」が開幕しました。内覧会を取材した筆者の「国宝展ときめいたポイント」をレポートします。

国宝展入口
創立150年で初! いよいよ始まった国宝展

日本で最も長い歴史を持つ博物館「東京国立博物館(通称:トーハク)」。その創立150年を記念して、前代未聞のとてつもない展覧会「東京国立博物館創立150年記念 特別展『国宝 東京国立博物館のすべて』」が開幕しました。開催期間は10月18日~12月11日です。
 

何がすごいのか。トーハクには現在約12万件という膨大な所蔵品がありますが、その頂点に君臨する89件の“国宝”を全て展示するという史上初の試みなのです。※会期中一部展示替えあり
 

美術ファンでなくともトーハク創立150年の今・令和4年に「生きていて良かった!」と思うような貴重な機会。そのときめきポイントを、内覧会を取材した筆者がレポートします。
 

【国宝展ときめきポイント1】トーハク職員も見たことがない光景

展覧会場
見覚えのある名作があちらにもこちらにも……

展覧会は2部構成で、第1部が「東京国立博物館の国宝」。会期中展示替えをしながら、89件の国宝を全て展示します。一言で言うならば、会場は「見渡す限り国宝」状態。
 

渡辺崋山の『鷹見泉石像』や、『埴輪 挂甲の武人』、現存最古の『古今和歌集(元永本)上帖』といったような教科書や切手で見たことがあるおなじみの品。そして聖武天皇、雪舟、長谷川等伯、本阿弥光悦など歴史上の人物の作品や書。さらに古いものでは紀元前・弥生時代の『扁平鈕式銅鐸』などなど、説明書きに「最古」「最高の保存状態」「最高傑作」といった文字が当たり前のように並ぶ、まぶしいばかりの国宝群です。

書跡
書跡のコーナーには聖武天皇直筆の書も

内覧会で説明役を担った東京国立博物館・佐藤寛介さんによると、通常国宝は作品の保存管理のため展示期間などを細かく限定。しかし今回89件を全て展示するとなり、数年前から2022年に向けて綿密にスケジュールを調整しなくてはならず、それが本当に大変だったのだとか。「これだけ一堂に会する国宝を見るのは、私たち職員も初めてのことです」と感慨深げに語っていました。
 

【国宝展ときめきポイント2】妖しさに酔う「国宝刀剣の間」

国宝刀剣の間
「国宝刀剣の間」

昨今の刀剣ブームもあり、ファンが詰めかけそうなのが「国宝刀剣の間」。19振り(本)の国宝の刀剣が浮遊しているかのように陳列している様子は、力強くもあり、また妖しい輝きもあり……。各刀の伝来エピソードの中には織田信長、豊臣秀吉、徳川家康といった名前が並び、また「刃こぼれがあり、実戦での使用を物語る」といった説明には思わずドキリとしました。
 

今回は、剣の美しさに浸ってほしいとの思いから照明や展示ケースにこだわり抜いたそう。刀剣は展示替えなしなので、会期中いつでも勢ぞろいで私たちを迎えてくれます。
 

【国宝展ときめきポイント3】センスとユーモアにあふれるグッズショップ

国宝の埴輪ぬいぐるみ
国宝『埴輪 挂甲の武人』もこんなにかわいいぬいぐるみに!

会場を出たところには特別展会場特設ショップがオープン。最近の展覧会はどこも気合の入ったグッズを販売していて、会の最後のお楽しみになっていますが、さすが国宝展、充実度が桁外れです。
 

並んでいるアイテム数も迫力がありますが、そのほぼ全てが今回の国宝展のために作られたオリジナルだそう。そして展示室ではあれだけ迫力を見せていた作品が、いい具合に緩く商品化されていて、そのユーモアに和みます。

デザイン性の高いコラボグッズの数々
デザイン性の高いコラボグッズ
コラボグッズもさまざまで、サンリオキャラクターの「シナモロール」や「刀剣乱舞ONLINE」、イラストレーターのNoritake、Mika Pikazoとのコラボレーションが実現しました。 
第二部会場
第2部会場には現物のサイズ感に驚く展示物も

展覧会の第2部は「東京国立博物館の150年」。博物館の歴史をひもとく上でポイントとなる重要文化財などが惜しげもなく並び、新収蔵品として今回初お披露目となる「金剛力士立像」は撮影も可能です。
 

我が国が世界へ誇る国宝、そしてそれを収蔵し守ってきたトーハクについて、深く知ることができる展覧会です。次は50年後? でしょうか。
 
 
【DATA】
東京国立博物館創立150年記念 特別展「国宝 東京国立博物館のすべて」
会期:2022年10月18日(火)~12月11日(日)
会場:東京国立博物館 平成館
※事前予約制(日時指定)。詳細は公式サイトを要確認
※会期中、一部作品の展示替えあり


【おすすめ記事】
「ベルサイユのばら展」に少女漫画ファンや“ヅカファン”殺到! 平日昼間に行ってみた
予約困難! 人気殺到「ベルばら」アフタヌーンティーを予約する方法
「東京ミッドタウン八重洲」9月17日に先行オープン! 東京駅の高速バスターミナルが“おいしく”便利に!
「サンリオ展」ついに東京上陸! 「いちごのお家」情報や衝撃のサンリオトリビアに大人が熱狂
100種類の“かっこいい”レトルト食品が買える&食べられる! 「NISHIKIYA KITCHEN」が東京ミッドタウンにオープン

 

Lineで送る Facebookでシェア ポスト はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    これで3度目? 「LINE情報流出」問題を時系列順に振り返る。日本人にとっての「重大なリスク」とは何か

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ディズニーやピクサーだけじゃない! 2023年の「すごい海外アニメ映画」7作品を本気で選んでみた

  • 意外と知らないグルメのひみつ

    【何食べ】シロさんのビーフシチュー・サラダ・明太子ディップを作ってみたら、クリスマスに最適すぎた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「義務教育は無償」なはずでは? 保護者から徴収したPTA会費で「学校に物品寄贈」の問題点