「ベルサイユのばら展」に少女漫画ファンや“ヅカファン”殺到! 平日昼間に行ってみた

六本木ヒルズ森タワーの東京シティビューで開催中の「誕生50周年記念 ベルサイユのばら展-ベルばらは永遠に-」へ、ほぼベルばら世代の筆者が潜入。混雑具合、見どころ、裏技などをレポートします。

エントランス
エントランスで一気に「ベルばら」の世界へ (c) 池田理代子プロダクション

六本木ヒルズ森タワー52階の東京シティビューで9月17日~11月20日に開催中の「誕生50周年記念 ベルサイユのばら展-ベルばらは永遠に-」。
 

昭和の国民的少女漫画『ベルサイユのばら』誕生50年を記念した展覧会で、フランス革命を背景にした壮大な歴史ドラマに魅了された当時の少女たち、そして連載終了の翌年から始まった宝塚歌劇の舞台に魅せられた宝塚ファン(通称:ヅカファン)たちが殺到していて、SNS上などでも話題を集めています。
 

長きにわたり人気を集め、社会現象にもなったベルばら。令和の今、どんな展示で人々を引きつけているのでしょう。連載をオンタイムで読んでいた世代よりはちょっと年下、しかしベルばらは子どもの頃全巻読破している筆者が平日の昼間に足を運んでみると……。
 

主人公はやはりこの2人

1972年4月から1973年12月まで、『週刊マーガレット』(集英社)に連載されていた『ベルサイユのばら』。2000ページにも及ぶ超大作は、ファンレターが月に数万通届くほどの大人気作品でした。

今回の展覧会では、運命に翻弄されるフランス王妃、マリー・アントワネットと、女性ながら軍人として生きる男装の麗人・オスカルの2人に焦点を当て、当時の貴重な原画、宝塚で使用された舞台衣装、周辺グッズなどが4つのコーナーに展示されています。
 

キャラクターとの記念撮影をプロカメラマンが無料で!

エントランス
さすがプロ! なのに無料!! メインキャラクターたちと豪華な記念撮影

六本木ヒルズ52階からの眺望をバックに、まず私たちを迎えてくれるのがベルサイユ宮殿をイメージした優雅な回廊。おなじみの登場人物たちのパネルがそこここに現れ、懐かしさ、そして時代を超えての美しさに気分が高揚していきます。
 

中央には今回のメインキャラクター、オスカルとマリー・アントワネットが鎮座していてフォトスポットとして1番人気。ここにはプロのカメラマンが常駐していて有料(1500円)のフォトサービスが行われています。が! 実は来場者のカメラ(もちろんスマートフォンも)でも、無料で撮影をお願いできるのです。出来上がりはご覧の通り完璧な構図。快く引き受けてもらえるので、カメラマンの姿を見つけたら、どこで順番を待てばよいかなど指示を仰ぎましょう。
 

名シーンを前に立ち尽くすファン多数

原画
色付きの華やかな原画も多数 (c) 池田理代子プロダクション

華やかなエントランスの次はいよいよ貴重な原画の展示。約180点の原画が物語に沿って並び、今まで読んだことのない人でもストーリーが分かるようになっています。
 

登場するのはどれも名場面ばかり。子どもの頃には理解しきれていなかったセリフの真意、キャラクターたちの苦しみが表情からひしひしと伝わってきて、大人になった今だからこそ受け取れるメッセージに圧倒されました。これは来場者誰もが同じようで、平日の昼間、エントランス付近はむしろ空いている印象だったのですが、原画を前に皆動きがゆっくりに。結果、列がなかなか進まず、渋滞を起こしているスペースがかなりありました。
 

当時24歳だった作者・池田理代子さんは、「もっと自分の思い通りに絵を描きたい」と連載中にも画の勉強を続けていたそうで、若さと情熱を込めた原画からは熱いものが伝わってきます。登場人物の年齢の進みもあるのでしょうが、どんどん美しく、崇高に変化していく筆致にただただ感動。特にオスカルの目力がどんどん強くなっていくのが印象的でした。
 

オスカル・生涯ただ1度のドレスの再現

大相撲の懸賞旗
2017年に大相撲初場所に登場した華やかな懸賞旗 (c) 池田理代子プロダクション/集英社
原画のコーナーを抜けると、ベルばらブームをさらに熱くした宝塚歌劇団の歩みや衣装・小道具、懐かしいグッズ、2017年に大相撲初場所に登場した懸賞旗などが展示されています。
 
オスカルのドレスの再現
オスカル、生涯ただ1度のドレスの再現
(c) 池田理代子プロダクション 制作:文化服装学院オートクチュール科学生、企画制作:メイプル

注目は男装の麗人・オスカルが生涯ただ1度まとったドレスの再現。これは2007年に文化服装学院の学生14人が、当時開催された展覧会のために約7か月をかけて制作したもの。
 

いかにもプリンセスといったようなレースいっぱいのものではなく、大人っぽいデザインが当時子ども心にも印象的だったのですが、再現ドレスを見てもやはり上品で高貴。オスカルのイメージにぴったりでため息ものでした。ちなみにオスカルの身長は178cmだそう。あのスリムな軍服を着こなすスタイルの良さと合わせて考えると……スーパーモデルですね。
 

会場内はオンタイムで漫画を読み、宝塚でベルばらを長く鑑賞してきたと思われる年代の女性が圧倒的に多く、会場出たところにある特設ショップでは皆さんグッズを大人買いしていました。
 

名場面を前に足を止めて、ちょっと涙ぐんだり感傷に浸ったり。そこまで混んでいない平日昼間でも、1時間半以上は時間を取ってしっかり鑑賞したいベルばら展でした。
 
 
DATA
誕生50周年記念 ベルサイユのばら展-ベルばらは永遠に-
会期:2022年9月17日(土)~11月20日(日)
会場:東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)
※チケットは事前予約制(日時指定券)


【おすすめ記事】
予約困難! 人気殺到「ベルばら」アフタヌーンティーを予約する方法
『ベルサイユのばら』好きなキャラクターランキング! 約100人が選んだ圧倒的1位は?
『ベルサイユのばら』オスカルを演じてほしい芸能人3選 「北川景子」「涼風真世」、他【ファン調査】
『ベルサイユのばら』アンドレを演じてほしい芸能人3選! 「坂口健太郎」「阿部寛」、他
『ベルサイユのばら』主人公「アントワネット」を演じてほしい芸能人3選! 檀れい、北川景子、他
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」