『ベルサイユのばら』アンドレを演じてほしい芸能人3選! 「坂口健太郎」「阿部寛」、他

少女マンガの金字塔を打ち立てた『ベルサイユのばら』の誕生から、2022年で50年を迎えます。また、1974年8月29日には宝塚歌劇で本作品が初演され、この日は「ベルばらの日」とも呼ばれるようになりました。All About編集部では「ベルばら」についてアンケート調査を実施。「『アンドレ』を演じてほしい芸能人」を聞きました。(サムネイル出典:プレスリリース)


少女マンガの金字塔を打ち立てた『ベルサイユのばら』の誕生から、2022年で50年を迎えます。また、1974年8月29日には宝塚歌劇で本作品が初演され、この日は「ベルばらの日」とも呼ばれるようになりました。

8月8~22日の期間、All About編集部では「ベルばら」についてアンケート調査を実施。「『アンドレ』を演じてほしい芸能人」を聞きました。
 

坂口健太郎 


1人目は、坂口健太郎さん。

男装の麗人・オスカルの幼なじみであるアンドレは、オスカルと共にきょうだいのように成長しながらも、徐々にオスカルへの恋心が芽生えていきます。

坂口さんに演じてほしい理由には、「役にあっている男優(50代男性)」「静かな情熱があって、包容力がある役が似合いそうだから(40代女性)」「雰囲気が何となく似ているから(30代女性)」といった声が上がりました。
 

阿部寛


2人目は、阿部寛さん。

回答者からは「かっこいいので(50代女性)」「男前だから(40代男性)」「シリアスな寂しそうな感じ(50代女性)」などの意見のほか、「オスカルが天海さんと考えたら相手役は天海さんに劣らず背が高く存在感のある方が良いと思ったので、阿部さんで見てみたいです(50代女性)」というコメントも寄せられました。
 

斎藤工


3人目は、斎藤工さん。

斎藤さんを選んだ回答者からは、「濃い顔と低い声がアンドレらしい感じ(50代女性)」「影があるけど明るい印象もあるから(40代女性)」という理由が。

そのほかにも「男の色気が醸し出しているのでアンドレにピッタリだと思うからです(40代女性)」「砕けた印象もありながら、それでいて真面目で凛とした演技もされるからです(40代女性)」などの声も寄せられました。


今回紹介した3人以外では、俳優の竹野内豊さんの名前も挙がりました。そのほか、女性ながら天海祐希さんにアンドレを演じてほしいという声も多く寄せられました。天海祐希さんは宝塚歌劇団時代、アンドレ役を演じていたこともあり、印象に残っている人も多いのかもしれません。


※回答者コメントは原文ママです


【おすすめ記事】
『ベルサイユのばら』好きなキャラクターランキング! 約100人が選んだ圧倒的1位は?
『ベルサイユのばら』主人公「アントワネット」を演じてほしい芸能人3選! 檀れい、北川景子、他
『ベルサイユのばら』オスカルを演じてほしい芸能人3選 「北川景子」「涼風真世」、他【ファン調査】
『ベルサイユのばら』ロザリーを演じてほしい芸能人3選! 永野芽郁、広瀬すず、他は?【ファン調査】
『ベルサイユのばら』フェルゼンを演じてほしい芸能人3選! 横浜流星、吉沢亮、他【ファンに聞いた】
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在