「フォーク廃止」のファミマ。もしフォークが“有料化”されたら購入する? 9割以上の声は……?

全国のファミリーマートは、10月4日から店頭でのプラスチック製フォークの提供を原則取りやめました。All Aboutは全国456人を対象に、ファミリーマートの「フォーク廃止」について、独自アンケート調査を実施しました。


ファミリーマートはプラスチック使用量の削減を目的に、2022年10月4日から全国のファミリーマート約1万6600店で店頭でのプラスチック製フォークの提供を原則取りやめました。

All About編集部では、全国10〜70代の男女456人を対象に、ファミリーマートの「フォーク廃止」についての独自アンケート調査を実施(調査期間:2022年9月29日〜10月4日)。今回は、ファミリーマートで今後、「フォークが有料化」されるとしたら購入するかを聞きました。
 

もし有料化されたら、フォークは「購入しない」人が93.2%


今後、ファミリーマートで「フォークが有料化されるとしたら購入すると思う?」という問いに対し、「購入しない」と回答した人が圧倒的に多く、93.2%を占めました。

回答者からは、「竹の箸を提供してくださるなら、わざわざお金を出してフォークを購入する必要性を感じないからです(35歳女性)」「竹製の箸を無料で貰えるので購入する必要はないです(35歳女性)」など、無料で提供してくれる竹箸で十分だという声が寄せられました。

さらに、「わざわざ使い捨てのフォークを買うのは、寧ろ環境問題に配慮をしていないから(37歳男性)」「せっかくプラスチックを使わないように自分たちも参加しているのに、買うのは意味が変わってきますので購入しません(52歳未回答)」など、わざわざ購入するのは、むしろ「環境問題への配慮」が欠けることになるのでは……という声もありました。
 

フォークを買うなら「パスタ自体やめる」の声も

ほかには、「購入となると金銭的負担が増えるので、そうなるとパスタをファミリーマートで買うこと自体をやめると思う(39歳女性)」「有料にまでするなら、今後一切コンビニでパスタは買わない(60歳男性)」「フォークにお金を出すくらいなら、パスタをやめるかマイフォークを持ち歩くかして、その分のお金を浮かしたい。無駄遣いとしか思えないから(21歳女性)」など、フォークを買うぐらいならパスタを選択しないという人もいました。

中には、「なんでもサービスという考えは捨てて、環境問題を身近なものとして捉える必要があると思うからです。ゴミを減らすことを意識付けしないといけないと思います(46歳女性)」など、“なんでもサービス”だった時代から、個々が環境問題を意識して行動する時代への変化が必要というコメントもありました。
 

「パスタに箸は良くない」「数円程度なら」……購入派の声は?

一方、有料化されたフォークを「購入する」と回答した人は6.8%。「パスタに箸は良くないと思う。外国人もおどろくと思う(50歳男性)」「金額にもよるが、箸はいやなので(36歳男性)」など、箸でパスタを食べることに抵抗があるという声や、「外出先でパスタを買う場合は購入すると思う(47歳男性)」「会社等でフォークの用意が無い時は購入すると思います(41歳女性)」など、フォークの用意がない状況では購入すると思うという声が集まりました。

また、「有料化されても数円だと思うので、それなら購入しようと思います(34歳女性)」「袋のように数円程度なら購入するかもしれません(31歳女性)」など、レジ袋有料化と同じように、数円の負担であれば購入すると思うという声もありました。


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
「食文化への冒涜」など厳しい声も。ファミマの“フォーク廃止”に賛否。「箸でも困らない派」は何割?
コンビニパスタを食べるとき、フォーク派? 箸派? ファミマ「フォーク廃止」で注目されるパスタの食べ方
関西出身者が「東京のコンビニ」でショックを受けたこと!「ドクターペッパーが売っている」「レイコーが通じなかった」
【激論】コンビニのトイレ、店員さんに声かける?「マナーとして当たり前」vs「お客様用だから不要」
「知らないおじさんに頭を撫でられた」「クレーマー情報は全店共有」元コンビニバイトが教える裏情報

【関連リンク】
ファミリーマート
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」