『PICU』第1話 吉沢亮“命の物語”好発進! 感涙ラストに「案の定泣いた」「たぶん毎回号泣」の声

10月10日に放送されたドラマ『PICU 小児集中治療室』(フジテレビ系)第1話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころに迫ります(画像出典:『PICU 小児集中治療室』公式サイト)。

吉沢亮さん主演の月9医療ドラマ『PICU 小児集中治療室』(フジテレビ系)が10月10日より放送スタートしました。Twitterでは早速トレンド入りし「案の定泣ける」と話題に。初回のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

PICU
画像出典:フジテレビ『PICU 小児集中治療室』公式サイト

 

第1話のおさらい

北海道で生まれ育った志子田武四郎(吉沢亮)は、丘珠病院に勤務する27歳の小児科医。ある日、丘珠病院に新設されたばかりのPICU=小児集中治療室への異動を命じられ、そこで、日本各地でPICUの設備を推し進めてきた小児集中治療のパイオニア・植野元(安田顕)と出会います。
 

3年前に道内で人気子役がロケ中に病院をたらい回しにされたあげく亡くなった悲劇が大きな契機となり、北海道知事の鮫島立希(菊地凛子)が植野を訪ねてPICUの整備を依頼。植野はドクタージェットを配備するという条件を提示し、鮫島は近い将来必ず実現させると約束しました。
 

PICUに集まったスタッフは、植野、武四郎のほか、植野と行動をともにしてきた優秀な看護師・羽生仁子(高梨臨)と、植野に誘われてやってきた救急救命医の綿貫りさ(木村文乃)の4人だけ。口が悪く横柄な態度のりさは、「初期研修を終えたばかりの未熟な小児科医は使い物にならない」と武四郎本人を目の前に非難します。
 

そんな折、PICUに発症から4時間も経過した少女が運び込まれ、必死の治療も空しく息を引き取ってしまいます。的確に動く他のスタッフと違って何もできず、患者の死を目の当たりにするのも初めての武四郎。直後に淡々とミーティングを行う面々に対し、「目の前で人が亡くなったのにおかしい」と涙を流し感情を露わにします。
 

そんな武四郎に、「次は必ず救うために考え分析するんだ」と声をかけた植野は、一つだけ生存ルートがあったと言います。それは北海道中の病院にPICUの存在を周知させること。植野は武四郎を連れ、少女が最初に受診した町医者に挨拶に訪れます。植野の思いを理解し、自身の未熟さに静かに憤る武四郎。そんな武四郎に植野は知事から預かっていたある手紙を渡し、PICUに彼を呼んだ理由を語ります。
 

その手紙は3年前、武四郎が知事に宛てて書いたもの。子役の死をきっかけに初めて「医者になりたい」と強く思った武四郎。手紙には命を救うことへの熱さや憤りが込められており、植野はその思いに胸を打たれたのでした。

 

PICU
画像出典:フジテレビ『PICU 小児集中治療室』公式サイト

 

繊細で優しすぎる“しこちゃん先生”の成長に期待

主人公・武四郎のキャラクターや、彼を取り巻く環境が描かれた第1話。網走総合病院で救急救命医をしている矢野悠太(高杉真宙)、女手一つで武四郎を育てた母・南(大竹しのぶ)がバスガイドとして働く旅行バス会社の娘で自身もバスガイドとして働いている涌井桃子(生田絵梨花)、そして武四郎と同じ丘珠病院で小児外科医として働く河本舞(菅野莉央)ら幼なじみがこの先どう絡んでくるかも気になるところ。
 

Twitterでは放送直後からタイトルがトレンド入りし、「事前番組からヤバいと思ってたけど案の定泣いた」「だめだこれ毎回号泣しちゃうやつ」「見応え凄かった」「いきなり初回から子供2人亡くなるし、志子田先生がポンコツ過ぎて辛い展開だったけど、ラストの手紙のシーンは良かった」「最後の手紙と中島みゆきの主題歌でやられた」「月9のイメージで見始めて油断してた。ぐっときた」など感動の声が続出。
 

また、「高度医療が存在するだけじゃダメなんだよな。地域医療とどう繋ぐか。そこまで丁寧に描かれるのか、凄いな」「しこちゃん先生、医者として生きていくのが心配になるほど優しすぎて繊細で。でもきっとPICUで強くたくましくなっていくんだろうな。一話一話大切に見よう」「しこちゃん先生の成長も楽しみだし、植野先生の一言にも嘘偽りなく伝えてくれる台詞の重さに、これからも感動するのだと思うと本当に楽しみ」など期待の声が寄せられています。
 

【ロング予告】『PICU 小児集中治療室』




【おすすめ記事】
「期待している秋ドラマ」ランキング! 3位『クロサギ』、2位『相棒 season21』、1位は?
「主演俳優に期待している秋ドラマ」ランキング! 3位『クロサギ』、2位『エルピス』、1位は?
「満足度が高かった夏ドラマ」ランキング! 『鎌倉殿の13人』『六本木クラス』を抑えた1位は?
「夏ドラマで演技が光っていた男性俳優」ランキング! 3位「間宮祥太朗」、2位「中村倫也」、1位は?
「夏ドラマで演技が光っていた女性俳優」ランキング! 3位「松岡茉優」、2位「有村架純」、1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始