「夏ドラマで演技が光っていた男性俳優」ランキング! 3位「間宮祥太朗」、2位「中村倫也」、1位は?

ドラマ情報Webマガジン「TVマガ」を運営するWonderSpaceは、ドラマに関するWeb調査を実施。2022年夏ドラマの「演技が光っていた男性俳優」ランキングを発表しました(画像出典:『魔法のリノベ』公式サイト)。

ドラマ情報Webマガジン「TVマガ」を運営するWonderSpaceは8月16日〜9月5日、150人を対象にドラマに関するWeb調査を実施。その結果から、今回は「夏ドラマで演技が光っていた男性俳優」ランキングの上位結果を紹介します。
 

>9位までの全ランキング結果を見る

 

3位:間宮祥太朗さん『魔法のリノベ』


3位にランクインしたのは、星崎真紀さんの同名漫画が原作のドラマ『魔法のリノベ』(フジテレビ系)に出演した間宮祥太朗さんでした。間宮さん演じる福山家長男・玄之介は、脱サラして実家である「まるふく工務店」で働くリノベ営業マン。しかし人の良さと推しの弱さから、一向に成約にこぎつけられずにいます。そこへやり手のリノベ営業・真行寺小梅(波瑠)が転職してきて、玄之介の指導係に。人生こじらせ凸凹コンビの2人が、依頼人の人生をもリノベーションしていきます。
 

回答者からは、「ドラマ毎に雰囲気が全く違い、毎回存在感は凄い方。このドラマに関しては少し弱いイメージの男性を演じてますが、今回は後ろに下がってる感じが波瑠さんとの2人で同じくらい目立つ感じになって、2人のシーンの居心地がとてもいいです」「主人公の感情の動きを細やかに表現されています。優しさ溢れる彼の中にある譲れないもの、大切なものを守る気持ちが伝わってきて、胸が熱くなります」などのコメントが寄せられました。

 

2位:中村倫也さん『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』


2位に選ばれたのは、マチベン(町の弁護士)の元にやってくる人々の、小さな珍トラブルを解決していくドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』(TBS系)の中村倫也さんでした。中村さん演じる羽根岡佳男は、予想外の展開になるとフリーズしてしまう、訳あり高卒弁護士。そんな彼が、パラリーガル・石田硝子(有村架純)がいる「潮法律事務所」で働くことに。性格も経歴も正反対ながら、実はコンプレックスを抱える2人が、互いの足りないところを補いつつ成長していくリーガルエンターテイメントです。
 

回答では「ときどきクスっと笑えるような、抜けている演技があってかわいい。弁護士というとかっこいいイメージがあるがどちらかというとかわいい感じで本人に合っている感じがする」「映像記憶能力を駆使し、弁護士として事件解決に望むスマートな面と、実はコンプレックスを抱えており日々葛藤している面のギャップを見事に演じている。また、法律等に関する長ゼリフもスラスラ話していたのがすごいと思った」などの声が聞かれました。

 

1位:竹内涼真さん『六本木クラス』


見事1位に選ばれたのは、大ヒット韓国ドラマ『梨泰院クラス』の日本版としてリメイクされ注目の的となった『六本木クラス』(テレビ朝日系)主演の竹内涼真さんでした! 転校先の高校で、主人公・宮部新(竹内涼真)は長屋ホールディングスの跡取り息子・長屋龍河(早乙女太一)とトラブルを起こします。それがきっかけで新は退学、父・信二は退職に追い込まれることに。さらにある事件で龍河に父を殺された新。絶望の底で新は、龍河と事件をもみ消した龍河の父・長屋茂(香川照之)に復讐(ふくしゅう)を誓い、這い上がっていきます。
 

「嘘偽りなく、自分の信念をしっかりと持って生きていく姿を熱演していると思います。また会社を盤石なものにするため仲間を信じる演技が力強い感じで良かったです」「韓国で大ヒットしたドラマというプレッシャーがある中で、主人公を見事に演じられていると感じます。主人公の真っすぐな性格、だからこそ復讐を目標としたときに曲げない信念の強さが人を惹きつけると感じ、回を追うごとに魅力的に感じます」など、称賛する声が聞かれました。


※コメントは回答者の原文ママです


>9位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
「夏ドラマで演技が光っていた女優」ランキング! 3位「松岡茉優」、2位「有村架純」、1位は?
「満足度が高かった夏ドラマ」ランキング! 『鎌倉殿の13人』『六本木クラス』を抑えた1位は?
「主演俳優に期待している夏ドラマ」ランキング! 3位『六本木クラス』、2位『石子と羽男』、1位は?
話題になっている「夏ドラマ」ランキング! 3位『拾われた男』、2位『石子と羽男』、1位は?



【関連リンク】
プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない