話題になっている「2022年夏ドラマ」ランキング! 3位『拾われた男』、2位『石子と羽男』、1位は?

映画やドラマ、アニメのレビューサービス「Filmarks」を運営するつみきは、「2022年夏ドラマ ランキング」中間集計結果を発表しました。気になる1位は?(画像出典:『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』公式サイト)

最終回シーズンに入った2022年夏クールのドラマ。みんなが注目しているのはどの作品なのでしょうか?
 

映画やドラマ、アニメのレビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」を運営するつみきが実施した「2022年夏ドラマ ランキング」中間集計の結果をチェックしていきましょう! ※2022年夏クール(6月1日〜8月31日)に放送・配信開始の新作ドラマが対象
 

>10位までの全ランキング結果を見る
 

3位:『拾われた男』

『拾われた男』(画像出典:公式サイト

3位には、日曜22時放送の『拾われた男』(NHK)がランクイン。監督には、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』、NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』の井上剛、脚本には、映画『百円の恋』『喜劇・愛妻物語』の足立紳が抜てき。
 

主人公・松戸諭(仲野太賀)は、俳優を目指すフリーター。レンタルショップでアルバイトをしながら数々のオーディションに落ち、恋にも破れ、さえない毎日を過ごしていました。そんな彼の運命を大きく変えたのは、自販機の下で拾った1枚の航空券。その持ち主のモデル事務所社長・山村(薬師丸ひろ子)に、図々しさと昭和顔を買われ、拾われることになったのです。それを幕切りに、諭の俳優人生が幕を開けることに!
 

2位:『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』

『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』(画像出典:公式サイト

2位に選ばれたのは、有村架純と中村倫也のW主演が話題となった、金曜22時放送の『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』(TBS系)。本作は、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の脚本などで知られる、西田征史脚本のオリジナル作品です。
 

有村架純さん演じる石田硝子は、東大卒で頭脳明晰にもかかわらず、4回司法試験に落ち、パラリーガルとして父親の綿郎(さだまさし)が営む「潮法律事務所」に勤務しています。利益にならない案件は基本的に引き受けない「潮法律事務所」に、見たものを写真のように記憶する「フォトグラフィックメモリー」という特殊能力を持った高卒の弁護士・羽根岡佳男(中村倫也)が勤務することに。「型破りな天才弁護士」を装っているものの、実は想定外のことが起こるとパニックを起こしてしまうという、問題ありの人物。全く性格の違う2人が、やがてマチベンとして数々の案件を解決していく、ヒューマン・リーガル・エンターテイメントです。

1位:『初恋の悪魔』

『初恋の悪魔』(画像出典:公式サイト

見事1位に選ばれたのは、注目の若手俳優・林遣都と仲野太賀のW主演で注目の土曜22時『初恋の悪魔』(日本テレビ系)でした! 本作は、『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)の脚本などで知られる、坂元裕二脚本のオリジナル作品です。
 

舞台は神奈川県境川警察署。推理マニアの鹿浜鈴之介(林遣都)は、とある失敗により停職処分中の刑事。元捜査一課にもかかわらず、現在は捜査とは無縁の日々。一方、総務課職員の馬淵悠日(仲野太賀)は、優秀な兄の影響で実は劣等感に苛まれている、平和主義者。雑用ばかり押し付けられても笑ってやり過ごしていましたが、ある日、署長の雪松鳴人(伊藤英明)から、鈴之介の監査役を命じられることに。鈴之介、悠日に加え、会計課の小鳥琉夏(柄本佑)、生活安全課の刑事・摘木星砂(松岡茉優)という、捜査権のない4人が難事件を解明していく、異色のミステリアスコメディードラマです。


>10位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
「期待している夏ドラマ」ランキング! 3位『パパとムスメの7日間』、2位『オールドルーキー』、1位は?
「主演俳優に期待している夏ドラマ」ランキング! 3位『六本木クラス』、2位『石子と羽男』、1位は?
2022年夏ドラマ期待度ランキング! 2位は『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』、1位は?
『六本木クラス』第11話 恋愛対決で葵が下剋上⁉ 竹内涼真「馬鹿なこと言いなさんな」にも反響


【関連リンク】
プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望