女性の方がよりハード系のポテトチップスを好む? アンケート結果について、カルビーに聞いてみた

パリっと軽い「薄切り」、カリカリかみ応えのある「釜揚げ」、ザクザク歯触りが良い「ギザギザカット」……食感で選ぶのも楽しいポテトチップス。今回All About編集部は全国500人に「好きなポテトチップスのタイプ」についてアンケート調査を実施しました。

パリっと軽い「薄切り」、カリカリかみ応えのある「釜揚げ」、ザクザク歯触りが良い「ギザギザカット」……食感で選ぶのも楽しいポテトチップス。
 

今回All About編集部は全国500人に「好きなポテトチップスのタイプ」についてアンケート調査を実施しました。

 

定番の「薄切り」はやはり支持率高め

 

アンケートによると、やはり多数派は定番の「薄切りタイプ」。男女別に見ると、特に男性の支持率が高く57.3%という結果に。
 

「いつものポテトチップスの食感が好きなので」(50代 男性)、「軽い食感でどんどん食べられるから」(30代 女性)、「少し硬めの商品を食べると口の中が痛くなるので」(30代  男性)などが薄切りを支持する理由に挙げられました。

 

ハード系は女性支持率がやや高い傾向

一方でしっかりした食感が特徴の「釜揚げタイプ」「ギザギザカット」は女性により好まれる傾向が見られました。
 

「芋の味が良く分かるし、食感が好きだから」(20代 女性)、「噛み応えがあり、少量食べただけでも満腹感を得ることができるから」(10代 女性)、「凹みの部分に味が良く付いているから」(30代 女性)など、ハード系特有の味わい深さとかみ応えにハマる女性が多いようです。

 

季節も意識した“食感バリエーション”

では、メーカーはポテトチップスの食感の好みについてどのように意識しているのでしょうか。カルビーの担当者に聞いてみました。

 

――性別や世代によって食感の好みは違うと感じますか?

性別・世代もありますが、ライフステージや食シーンによって選ぶポテトチップスが変わってくるのではないかと考えています。
 

そのため、さまざまなライフステージ・食シーンに対応できるよう、カルビーでは多くのブランド・サイズバリエーションをご用意しています。
 

「ギザギザカット」の厚切りポテトチップスは当社では「春ぽてと」「夏ポテト」「ア・ラ・ポテト」「冬ポテト」を四季を巡るポテトシリーズとして発売しています。

 

 

季節に合わせた国産じゃがいも使用をしており、そのときのじゃがいもに合った食感・味付けをお楽しみいただけるようこだわっています。
 

例えば、夏ポテトに使用している夏の新じゃがは、水分が多くみずみずしいのが特長で、波型の「厚切りカット(波なみカット)」でフライすることで、さっくりとした軽い食感を実現しています(カルビー担当者)。
 

ちなみに2022年9月12日から秋限定で発売中の「ア・ラ・ポテト うすしお味/じゃがバター味」(11月下旬終売予定)は波の高さが浅く細かい「厚切りギザカット」を採用。
 

四季を巡るポテトシリーズの中でも特にザクっとした食感が楽しめるそうです。ぜひ、お菓子コーナーで見つけたら購入してみてください。

 

※アンケートは、下記条件で実施
・男女比:女性349名、男性143名、回答しない8名
・年齢比:10代 5名/20代 88名/30代 166名/40代 139名/50代 88名/60代以上 14名
・アンケート実施期間:2022年8月26~30日


【おすすめ記事】
ポテトチップスの好きな味ランキング、コンソメパンチとのりしおの2位争いに変化が!? アンケート結果について、カルビーに聞いてみた
ポテトチップスをお箸で食べる人が増えているってホント? アンケートで明らかになった明確な世代差について、カルビーに聞いてみた
成城石井で大人気の“高級ポテチ”! ドバイ生まれのぜいたくポテトチップス新作3種を食べ比べ
アラブ首長国連邦から来た絶品ポテチ! ハンターズの「黒トリュフポテトチップス」はポテチ好きなら1度は食べるべき
黒トリュフ風味のポテトチップスが話題!成城石井の人気スナックを食べてみた

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在